機龍警察 自爆条項  (ハヤカワ・ミステリワールド)

著者 :
  • 早川書房
3.96
  • (25)
  • (61)
  • (22)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 234
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・本 (462ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152092410

作品紹介・あらすじ

軍用有人兵器・機甲兵装の密輸事案を捜査する警視庁特捜部は、北アイルランドのテロ組織によるイギリス高官暗殺計画を察知した。だが特捜部には不可解な捜査中止命令が。国家を超える憎悪の闇は特捜部の契約する"傭兵"ライザ・ラードナー警部の、凄絶な過去につながっていた-組織内でもがく警察官たちの慟哭と死闘。圧倒的なスケールと迫真のリアリティで重厚に描く、話題の"至近未来"警察小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数

  • 「死神の壮絶な過去」
    機龍シリーズ第二弾。今回は「バンシー」の搭乗員“死神”ライザの壮絶な過去が明らかになる。妹殺しの十字架を背負いIRF(架空の組織)から逃れながら殺し屋が差し向けられるのを待つライザ。自死は許されない彼女は生きた屍なのだ。そんな彼女の再生の物語。それを果たすのは自分の呪われた過去を知るテロリスト・キリアンとIRFのテロの犠牲者でもある特捜部の緑だった。作者が別の機会でも述べているようにヒギンズの影響を受けた感がそこかしこに感じられる(ライザの来歴がアイルランドだったりIRFの設定等々)。そんな意味でも本シリーズは冒険小説の要素も含んでいるのだ。ラストの首都高の高低差を利用した挟撃の発想は、まさに機甲兵装のイメージにピタリとハマってお見事。特捜部の苦労が報われたかに思われた最後の最後まで敵にしてやられてしまうあたりもまた本シリーズの醍醐味か。

  • 純白のテロリストが主役

     いいなぁ。妹殺しって偶然の結果だからあまりインパクトがないけど、闇を語りつつ、巨大な敵を温存しつつ、前作よりも強力なテロリストとの戦いを描く。

     後半 1/4 の緊張感や静と動のリズムは最高だ。すばらしい筆力に感嘆する。タイトルの自爆事項もいい味だし、後半ギリギリで明かされるテロリストの目的にも驚かされる。

     とにかく終盤の一気展開はすばらしいの一言に尽きる。驚くスピード感、疾走感は、ここ最近初めての体験だ。満足。

  • やっぱり面白い。
    今回はライザ・ラードナー編。
    ユーリ編は次回までお預けのようで。
    タイトルが漢字八文字ってちょっと…と思ってスルーしてたせいで、「自爆条項」の説明がされたときは普通にショックを受けてしまった。こんなに堂々書いてたのに!
    ハードな過去が明かされつつ、ライザと緑の間のフラグ乱立が止まらない!そのうちバンシーが赤くなってても驚かないぞ。
    読みながら、姿さんを癒しキャラと認識し始めている自分に気がつきました。

  • 第1作目を再読したらやはり面白かったので止まらなくなった。

  • 2014/6/28
    龍機兵の活躍よりも人物を描くことに重点がシフトしている。アイルランドの話が長すぎて、ちょっと飽きた。最後の戦闘も陳腐。ただ今作は1作目より深みが増した。テロが繰り返される歴史に対し、「死者の積み重なりで歴史は作られている」という作者の考えが強く感じられる。

  • 機龍警察シリーズ2作目。面白さが加速してる。上手く映像化したら凄く映えるだろうな。ライザ壮絶だな。こうなると他の人物の過去やら葛藤も気になる気になる。早々に次を読まねば!

  • 前作に次いで気に入った作品ではある。ただ、せっかくの踊り子があまりにもあっけないところに、ちょっと…

  • 第二作目はライザの物語。ライザの過去の救いのなさと、現在のわずかな救い。胸が熱くなった。

  • シリーズ物とは知らず。

  • 5月15日読了。図書館。

全48件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1963年生まれ。早稲田大学第一文学部文芸学科卒。2010年「機龍警察」で小説家デビュー。2012年「機龍警察 自爆条項」で第33回日本SF大賞を受賞。2013年「機龍警察 暗黒市場」で第34回吉川英治文学新人賞を受賞。2015年「コルトM1851残月」で第17回大藪春彦賞を受賞。2015年「土漠の花」で第68回日本推理作家協会賞を受賞。

「2018年 『水戸黄門 天下の副編集長』 で使われていた紹介文から引用しています。」

月村了衛の作品

機龍警察 自爆条項  (ハヤカワ・ミステリワールド)を本棚に登録しているひと

ツイートする