じてんしゃ日記〈2012〉

  • 55人登録
  • 2.63評価
    • (0)
    • (4)
    • (6)
    • (7)
    • (2)
  • 6レビュー
  • 早川書房 (2012年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152093240

作品紹介

身長一五〇センチの女子・一本木蛮が、ヒルクライム・レースに挑戦!自転車選びから練習方法、そして実際のレースの模様まで、すべてのヒルクライマーに捧げる、汗と涙と感動のドキュメント。

じてんしゃ日記〈2012〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ3冊目になる。原作?の高千穂氏がその道の権威化したつもりでいるのか、自己体験を紹介しているにしては話が押し付けがましく、素直に楽しんで読むことはできなくなってしまった。プロのアドバイザーやコーチになったつもりなのだろうか。マニアがそのジャンルを衰退させるという現象を具現化したような本。

  • 高千穂氏、押し付けがましいなぁ・・・

  • 高千穂遙にやらされてる感しか感じられない。
    高千穂遙の上から目線も鼻につく。
    やまめ乗りに興味がある人にオススメ

  • 一本気蛮って僕が子どもの時からオバハンだった気がするけど、意外と若いんやね。まだ月経があるとか、不妊治療してるとか書いてあった。高千穂遙はもうウザイほど理屈っぽいのに、肝心なことは書かない。この辺がただの小説家だと思う。相変わらずエッセイはつまらない。近くにいたら絶対ケンカするタイプの爺さんだなあ。
    坂登りにも興味ないし、まあこんなもんかな。
    やまめ乗りは気になります。

  • やまめやまめとそればっか。正直、期待外れ。

全6件中 1 - 6件を表示

じてんしゃ日記〈2012〉のその他の作品

高千穂遙の作品

じてんしゃ日記〈2012〉はこんな本です

ツイートする