完璧なイメージ―映像メディアはいかに社会を変えるか

制作 : Kiku Adatto  福井 昌子 
  • 早川書房
2.83
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152093349

作品紹介・あらすじ

19世紀初頭、写真の発明からすべてがはじまった。映画、テレビの時代をへて、インターネットの動画サイトが隆盛を誇る現在まで、多様な映像メディアが生まれては様々な「イメージ」を作り出し、私たちの日常を大きく変えてきた。それらの「イメージ」が見せるのは、果たして実像なのか、虚像なのか?モノクロの家族写真から、選挙戦を伝えるテレビ、ハリウッド映画のヒーローたち、そしてフェイスブックまで、ハーバード大学の気鋭の研究者があらゆる視覚メディアと切り結ぶ、映像文化論の最前線。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 机上の空論ならぬ、銀幕上の影論かな

    早川書房のPR
    「〈序文=マイケル・サンデル〉写真、映画、テレビ、ネットなど、多様な視覚メディアは社会にいかなるインパクトを及ぼしてきたのか? ハーバード大学の気鋭の研究者による映像文化論の最前線。」

  • 写真、映画、テレビ、インターネットの動画、多様な視覚メディアが作り出すイメージについて研究・考察した書。写真が真実をありのまま捉えるものとして登場しながら、作られたポーズやシャッターチャンスが広まる事で性質が変化し、対して、作られたイメージを壊すための撮影が追求されていく展開を中心に語っていく。
    視覚メディアとイメージの問題を、豊富な例示とともに考えさせてくれる点で興味深い。ただ、紹介される写真が本書に1枚も掲載されず文章での説明だけなので、肝心のイメージが伝わらないのは残念だ。死傷兵の撮影等に絡んで取り上げられる、被写体の許可と報道の役割の対立という問題が特に興味深かった。

  • 誰でもどこでも写真や動画を撮れる今。影像の中の完璧なイメージとは?ハーバード大研究者の映像文化論。序文は著者の夫のサンデル教授。

    The book about visual culture written by a researcher of Harvard.

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784152093349

  • 第1章 絵のように完璧な写真
    第2章 神話的な映像と映画のヒーロー
    第3章 本人とポーズ
    第4章 さらけ出されたイメージ
    おわりに シャッターチャンスの時代

  • 和図書 778/A16
    資料ID 2012104645

全6件中 1 - 6件を表示
ツイートする