深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

著者 :
  • 早川書房
4.23
  • (43)
  • (40)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 229
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152094247

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • う~ん、早く読まなきゃ!

    早川書房のPR
    「支援団体〈パンディオン〉の理事長・青澄は、陸と海との対立を解消するため、〈ラブカ〉の指導者のひとりザフィールとの接触を試みた。だが、海上民の悲惨な現実に絶望してラブカの指導者への道を選んだザフィールは、交渉による和平への道を徹底的に拒否し続ける。その背後にさらに深い闇が隠されていることを青澄は独自の経路で知るようになる。不穏な社会状況が続く中、人類の記録と生命の種を系外惑星に送り込む計画に共感した星川ユイは、深宇宙研究開発協会(DSRD)の門戸を叩くが、協会もまた、部品調達の困難や世論の批判によって多くの問題を抱えていた……。苛烈な闘争の時代に己の信念を貫く者達が、この星に生の輝きを灯す究極の黙示録巨篇。」

全45件中 41 - 45件を表示

著者プロフィール

兵庫県生まれ。2003年『火星ダーク・バラード』で第4回小松左京賞を受賞し、デビュー。2011年『華竜の宮』で第32回日本SF大賞を受賞。同作は「SFが読みたい! 2011年版」国内篇第1位に選ばれ、『魚舟・獣舟』『リリエンタールの末裔』の各表題作、『華竜の宮』の姉妹編『深紅の碑文』と合わせて《Ocean Chronicleシリーズ》と呼ばれ、読者からの熱い支持を集めている。近著に『妖怪探偵・百目』シリーズ、『薫香のカナピウム』など。

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)のその他の作品

上田早夕里の作品

ツイートする