深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

著者 :
  • 早川書房
4.23
  • (43)
  • (40)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 229
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152094247

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「夢と希望の物語だ」と言ったら言い過ぎだろうか。
    リ・クリティシャスという人類滅亡の危機に積極的な遺伝子操作の受け入れという手段で生き延びた人類に訪れる再びの人類滅亡の危機。
    「その時」を受け入れるのか逃げるのか、それぞれの登場人物たちは誇りにかけて信念のままに生きる。
    正しいか正しくないかは「その後の歴史が決める」とはよく言うが、この物語では恐らく、その後の歴史すらがその成否を決めることは出来ないだろう

  • 壮大なスケールのSF大作でした。スパンが長いこと。読み物的には華竜の宮の方が、グイグイ引き込まれて面白かったが。人類はどうなるんだろうと言うまま終わってしまった。私の中ではマキはやはり男性なので再登場してくれて嬉しかった。彼の青澄に対する感情めいたものが心に残った。そして青澄にも人らしい感情があって良かった。

  •  武器売買の利権に絡む紛争幇助の動きなど、きな臭さを増す下巻。

     自分の生き方は自分で決める、自分の手綱は決して他人に預けない…そんな姿勢を貫き、交渉の席に着くことを拒み続けたザフィールの意固地さに苛立ちを覚えてしまった。
     制御化獣舟などの陸上民のやり方からも分かる通り、ラブカたちの不信感は当然のものとはいえ、どうして闘争以外の道に向かえなかったのか。
     未来を度外視するような生き方が、他の登場人物とは対照的だった。

     休戦に誰より尽力した青澄とマキが、安らかなひと時を過ごすラストの場面は、尊くも切なくてたまらなかった。

     ちょっと気になったのは、裏の政財界ネットワークの存在と扱いが、そこだけご都合っぽくみえたこと。

  • この世界に行けるなら
    海がいいな

  •  人類は滅びる。それは定められた結末のように思える。
     では、滅びるまでの時間をどのように生きればいいのか。滅びるからと自暴自棄になるのか、それはむなしい。けれど、何かをなしたとしても、それは滅びるのであれば無駄ではないのだろうか。
     これはSFなのではあるが、バブル崩壊後、未来に夢を抱けない現代にも通じるテーマであるように感じた。

     青澄が主役過ぎる!とも思うのだけれど、華竜の宮の続編であることを考えると、やはり、彼でしかなしえないことなのかもしれない。青澄出てくるとテンションが上がるし、彼の挙動に一喜一憂する。しかし、前作より青澄の視点が薄れ、ある意味かっこいいヒーローとなってしまったので、続編があるならば、彼が悪であるというまっとうな主人公の姿を見たい。
     そして、やはり、マキの物語でもある。2人のマキの見る世界を思うと切ない。

  • 誰の行為が正しいか間違っているかなんてわからない。題名が重い。

  • どんなに頑張っても人類の歴史は「深紅の碑文」なのか。
    信念の人々の揺るがない様を、美しいと感じると同時にしんどくなる。
    だけど後味は悪くなかった。

  • 陸地の大半が水没した『華竜の宮』や『魚舟・獣舟』の後の世界で、新たな大異変に備える世界の様子。
    世界観はSFでも、そこに生きる人々の葛藤や足掻きは等身大に迫ってくる。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/12709915.html

  • 14/05/05読了
    世界観の把握に時間のかかった前作に比べて、すっと入りこんで一気に読み通せた

    青澄とザフィールとユイの生き方。それぞれの信念に功罪はあり、誰にも善悪は判断できない。描かれているのは、理念なき金儲けは悪というくらい?

    青澄の、歳を経て変わる部分があるところが好ましく、読みやすかったのかも。少女趣味としては、もういちど、司祭と会ってほしかった。
    ユイとDSRDの傲岸ともとれる宇宙への思いは、プラネテスを思い出した。宇宙モノて、そうなるのかな笑

  • 著者の本は「華竜の宮」から読み始めたのだが、このシリーズ(オーシャン・クロニクル・シリーズというらしい)は、構成といい、設定といい、アシモフの銀河帝国興亡史を彷彿とさせるといったら言い過ぎだろうか。
    日本のSF小説を語れるほどの知見はないが、本格感とスケールの大きさは有数なのではないか。

著者プロフィール

兵庫県生まれ。2003年『火星ダーク・バラード』で第4回小松左京賞を受賞し、デビュー。2011年『華竜の宮』で第32回日本SF大賞を受賞。同作は「SFが読みたい! 2011年版」国内篇第1位に選ばれ、『魚舟・獣舟』『リリエンタールの末裔』の各表題作、『華竜の宮』の姉妹編『深紅の碑文』と合わせて《Ocean Chronicleシリーズ》と呼ばれ、読者からの熱い支持を集めている。近著に『妖怪探偵・百目』シリーズ、『薫香のカナピウム』など。

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)のその他の作品

上田早夕里の作品

ツイートする