機龍警察 未亡旅団 (ハヤカワ・ミステリワールド)

著者 :
  • 早川書房
4.23
  • (78)
  • (72)
  • (32)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 402
レビュー : 62
  • Amazon.co.jp ・本 (401ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152094315

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テロと警察と戦闘マシーンと権力闘争を書きながらラスト1ページの手紙に人間を書いている。これだけ救われない話だからこそ、最後に泣けた。機龍警察シリーズ止まらない。

  • ユーリがデレた!(*゚∀゚)=3ムッハー

  • 機龍警察第4弾 警視庁特捜部の主要メンバーすべてが主人公となる。
    第一作機龍警察登場、第二作ラードナー警部、第三作オズノフ警部と順を追ってきて、遂に第四作目では姿警部の過去が明かされると思いきや....

    特捜部捜査班、理事官、そして与党の副幹事長、おなじみの公安外事警察まで総動員して対決する敵は、チェチェンのテロリスト集団「黒い未亡人」。
    ソチ・オリンピック開催の際に、世界中に名を馳せた黒い未亡人が、日本に潜入した。

    自らが死ぬことをまったく厭わず、極めて冷静に自爆攻撃を繰り返すテロリストは、国内のソフトターゲットに大規模な攻撃を仕掛ける。
    機甲兵装をもって自爆攻撃を仕掛ける相手に対峙するのは、警視庁特捜部「機龍警察」。「黒い未亡人」と国内警察の総力を挙げての戦い。さらに、そこに日本警察の暗部と政治家の思惑が重なり.....
    こんなに多くの要素を詰め込みながら、冗長なところはなく、テンポよく物語は進展し、しかも物語は一本の筋の上を辿る。
    そして、今回の事案も特捜部員はじめ警察の努力の甲斐あり、なんとか解決する。
    しかも、次作への伏線を残したまま。

    これは、やはり作者の力量がすごいとしか言いようがない。機龍警察に魅入られた以上、本書を読み逃すことはできない。

  • その決断は間違っていないと思いたい

  • このミス2015 第5位

  • 8月21日読了。図書館。

  • 相変わらず渋い 映画化されそう

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    チェチェン紛争で家族を失った女だけのテロ組織『黒い未亡人』が日本に潜入した。公安部と合同で捜査に当たる特捜部は、未成年による自爆テロをも辞さぬ彼女達の戦法に翻弄される。一方、特捜部の城木理事官は実の兄・宗方亮太郎議員にある疑念を抱くが、それは政界と警察全体を揺るがす悪夢につながっていた―世界のエンタテインメントに新たな地平を拓く“至近未来”警察小説、衝撃と愛憎の第4弾。

  • 一面の見方であり、誤謬もあろうが、なまじっかな解説書よりも、国際紛争・チェチェン問題の何たるかが、ぐいぐいと頭の中に押し入ってくる。
    参考文献を読みたくなるミステリは珍しい。7.75

  • 今回は城木…いや由起谷巻か。城木巻はまだこの後っぽいな。
    少年兵はしんどいなあ。エインセル…最小化、バックワーダーってのはなかなかロマンを感じるけど、少年兵って考えるとしんどい。
    シーラさんはよくわからんけど日菜子さんも私にはよくわからんよ。白黒極端な人はどっちにせよ苦手だ。
    しかし姿さんはすっかり缶コーヒーキャラだな。周囲からも、調子がいいかどうかさえ缶コーヒーで判断されてて、なんなんだもう。宣伝部長なの?公式マスコットなの?

著者プロフィール

1963年大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。2010年、『機龍警察』で小説家デビュー。2012年に『機龍警察 自爆条項』で第33回日本SF大賞、2013年に『機龍警察 暗黒市場』で第34回吉川英治文学新人賞、2015年に『コルトM1851残月』で第17回大藪春彦賞、『土漠の花』で第68回日本推理作家協会賞を受賞。他の著書に『神子上典膳』『機龍警察 狼眼殺手』『コルトM1847羽衣』『東京輪舞』などがある。

「2019年 『悪の五輪』 で使われていた紹介文から引用しています。」

機龍警察 未亡旅団 (ハヤカワ・ミステリワールド)のその他の作品

機龍警察 未亡旅団 Kindle版 機龍警察 未亡旅団 月村了衛

月村了衛の作品

ツイートする