作品紹介・あらすじ

世界10カ国で展開するイギリスの著名文芸誌GRANTAが、早稲田文学とのコラボーレションによってついに日本版を創刊! 海外、日本の最前線を行く書き手がが多数参加する注目の新プロジェクト

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 凄ーい!

    早川書房のPR
    「世界10カ国で展開するイギリスの著名文芸誌GRANTAが、早稲田文学とのコラボーレションによってついに日本版を創刊! 海外、日本の最前線を行く書き手が多数参加する注目の新プロジェクト

    村田沙耶香「清潔な結婚」
    岡田利規「ブレックファスト」
    デイヴィッド・ミッチェル「ミスタードーナツによる主題の変奏」(藤井光訳)
    ルース・オゼキ「つながり」(久保尚美訳)
    中島京子「おぼえていること、忘れてしまったこと」
    タオ・リン「ファイナルファンタジーVI」(都甲幸治訳)
    川上弘美「Blue moon」
    小山田浩子「彼岸花」
    ピコ・アイヤー「パッケージの美しさ」(小山太一訳)
    キミコ・ハーン「日本の蛍烏賊を見ると」(阿部公彦訳)
    濱田祐史「Primal Mountain」 アンドレス・フェリペ・ソラーノ「豚皮」(柳原孝敦訳)
    円城塔「Printable」
    デイヴィッド・ピース「戦争のあと、戦争のまえ――九曲橋の上の芥川龍之介、上海、一九二一年」(近藤隆文訳)
    アダム・ジョンソン「屍肉食動物(スカベンジャーズ)」(堀江里美訳)
    うつゆみこ「はこぶねのそと」
    本谷有希子「〈この町から〉」
    レベッカ・ソルニット「到着ゲート」(高月園子訳)
    星野智幸「ピンク」
    横田大輔「from Site」」

  • 村田沙耶香「清潔な結婚」★★★★
    岡田利規「ブレックファスト」★★★
    デイヴィッド・ミッチェル「ミスタードーナツによる主題の変奏」★★★★★
    ルース・オゼキ「つながり」★★★
    中島京子「おぼえていること、忘れてしまったこと」★★
    タオ・リン「ファイナルファンタジーⅥ」★
    川上弘美「Blue moon」★★★★
    小山田浩子「彼岸花」★★★★
    ピコ・アイヤー「パッケージの美しさ」★
    キミコ・ハーン「日本の蛍烏賊を見ると」★★★
    アンドレス・フェリペ・ソラーノ「豚皮」★★★★★
    円城塔「Printable」★★★★★
    デイヴィッド・ピース「戦争のあと、戦争のまえ」★★
    アダム・ジョンソン「屍肉食動物」★★★
    本谷有希子「〈この町から〉」★★★★
    レベッカ・ソルニット「到着ゲート」★★★★
    星野智幸「ピンク」★★

  • 短編や写真の作品集。小山田浩子作品初めてだったが、おもしろかった。本谷有希子もよい。しかし、全編横書きで、読みづらかった。。

  • 清潔な結婚ー村田沙耶香
    ブレックファストー岡田利規
    ミスタードーナツによる主題の変奏ーデイヴィッド・ミッチェル
    つながりールース・オゼキ
    おぼえていること、忘れてしまったことー中島京子
    ファイナルファンタジーⅥータオ・リン
    Blue moonー川上弘美
    彼岸花ー小山田浩子
    パッケージの美しさーピコ・アイヤー
    豚皮ーアンドレス・フェリペ・ソラーノ
    Printableー円城塔
    <この町から>ー本谷有希子
    ピンクー星野智幸

    本谷有希子が読みたくて借りてきた。最後の方はとびとびで読んだ。
    村田沙耶香、小山田浩子、本谷有希子がやっぱり好き。

  • 円城塔「Printable」、本谷有希子「<この町から>」、星野智幸「ピンク」が特におもしろかった。この文芸誌、今後も期待。

  • 短編集、17編。写真3組。
    円城塔「Printable」、小山田浩子『彼岸花』、本谷有希子『この町から』が良かった。写真では横田大輔氏のを実際に見てみたい。

  • 英国の文芸誌『GRANTA』の日本版。
    執筆者は豪勢で内容も興味深いのだが、小説の方は面白い・つまらないのばらつきが予想以上にあった。フォトエッセイは作品のチョイスがユニークで面白かったのだが。うーん。

    『誌面を同一に』というコンセプトのせいか、全編が横書きで構成されている。正直言うと読みづらいので勘弁して欲しいw

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

村田沙耶香(むらた・さやか)
1979年千葉県生れ。玉川大学文学部卒業。2003年『授乳』で群像新人文学賞(小説部門・優秀作)を受賞しデビュー。09年『ギンイロノウタ』で野間文芸新人賞、13年『しろいろの街の、その骨の体温の』で三島由紀夫賞、16年「コンビニ人間」で芥川賞を受賞。その他の作品に『殺人出産』、『消滅世界』、『地球星人』、『丸の内魔法少女ミラクリーナ』などがある。

「2021年 『変半身(かわりみ)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村田沙耶香の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 文則
ジョージ・ソーン...
ジョン・ウィリア...
村田 沙耶香
ピエール ルメー...
村上 春樹
カズオ イシグロ
松田 青子
又吉 直樹
アンナ カヴァン
いとう せいこう
ミシェル ウエル...
伊藤 計劃
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×