忘れられた巨人

制作 : Kazuo Ishiguro  土屋 政雄 
  • 早川書房
3.60
  • (76)
  • (137)
  • (135)
  • (25)
  • (15)
本棚登録 : 1447
レビュー : 188
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152095367

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 伝説のアーサー王の直後の時代、6世紀初めの英国。遠い地に住む息子を訪ねて老夫婦アクセルとベアトリスが旅に出る。アーサー王の甥の老騎士ガウェイン、また戦士ウィスタン、子供エドゥインたちと出会いながら麗しい思いやりに包まれて旅を続ける2人。竜、鬼、なぞの怪物などが登場するファンタジーの世界は子供心に戻ったような懐かしい思いを感じさせてくれる。このまま「指輪物語」「ナルニア国物語」になりそうなお話。そして終章で夫妻の隠された驚きの過去が明らかに…。舟渡しの船頭が必ず発する質問が二人の絆を試す!ファンタジーの世界ながら、言葉の奥底に潜む人間性を表す表現が深い!

  • なんか、『わたしを離さないで』をイメージしていたから、読んでいると『???』と思ってしまう。翻訳者が私と合わないのかな?
    もう、読了しなくてもいいかな…。

  • 春樹を差し置いてノーベル賞受賞した、イシグロさんの本初めて読みました。

    やぱねーノーベル賞とるんだもんさぁーそりゃ、なんだか小難しいなんかがあるんだろうなぁ。と、思わされたよね。

    わたしみたいななーんも考えてない主婦が面白いーこの人一等賞ーではないんだよね。きっと。笑笑

    だもんで、わたし的には教科書を読んでるような肩肘張った文体に、やたらめったらわかりやすいようなわかりにくいような、近いような遠いような表現方法が多数用いられ、国語の教科書に出てくるよな本。という感じから離れられず、内容は面白い?のかもしれないけど、どーも眠くなる感じ。わかりそうでわかりづらいけど、多分なんだかわからんその道ならではの表現なんだろうね。きっと。

    わからん。どーにもこーにもわからん。

    ただ、まぁ独特のファンタジーなのかな。

  • うーん
    難しくてよくわからなかった
    けど、アーサー王というヨーロッパで伝説の英雄になっている人が出てきた。この人が、英国(ブリテン人→ブリテン→ブリティッシュ→英国)の基礎なのか?
    ケルト人?
    うーむ。基礎知識を教えてもらいたいですが、
    同じような民族にわけのわからない敵がいると信じている。教育が行きとどいてないということは、こういうことが起きるのかなあという現代の闇も書いてあるような気がした。

  • う〜つまらん。
    途中でリタイア。
    神秘的なファンタジーで本来好きなジャンルのハズなんだけど、続きを読む気がしない。
    あまり印象に残るシーンがないからかな。いくら文体とか描写とか雰囲気が良くても面白くなければ最後まで読む事はできません。
    よく半分も読めたなぁと思うくらいつまらんかった。

  • これはきっと何か大きな歴史や文化の暗喩の物語であるのだと思うのですが、それの意味するところをまったく理解できず、ひたすらに続く老夫婦のまだるっこしい会話やつまらない活劇がただただ退屈で仕方なかった。
    訳者の責任もあるのかどうか?登場人物の吐く台詞がいちいち回りくどくて的を得ない。ベアトリス婆さんの台詞には憎しみを抱くほどだった(笑)。
    っていうか、根本的な文化の違いなんだろうと思う。
    読む人が読めばきっと良い作品なんだろう。。。

著者プロフィール

カズオ・イシグロ
1954年11月8日、長崎県長崎市生まれ。5歳のときに父の仕事の関係で日本を離れて帰化、現在は日系イギリス人としてロンドンに住む(日本語は聴き取ることはある程度可能だが、ほとんど話すことができない)。
ケント大学卒業後、イースト・アングリア大学大学院創作学科に進学。批評家・作家のマルカム・ブラッドリの指導を受ける。
1982年のデビュー作『遠い山なみの光』で王立文学協会賞を、1986年『浮世の画家』でウィットブレッド賞、1989年『日の名残り』でブッカー賞を受賞し、これが代表作に挙げられる。映画化もされたもう一つの代表作、2005年『わたしを離さないで』は、Time誌において文学史上のオールタイムベスト100に選ばれ、日本では「キノベス!」1位を受賞。2015年発行の『忘れられた巨人』が最新作。
2017年、ノーベル文学賞を受賞。受賞理由は、「偉大な感情の力をもつ諸小説作において、世界と繋がっているわたしたちの感覚が幻想的なものでしかないという、その奥底を明らかにした」。

忘れられた巨人のその他の作品

忘れられた巨人 Kindle版 忘れられた巨人 カズオ・イシグロ
忘れられた巨人 (ハヤカワepi文庫) 文庫 忘れられた巨人 (ハヤカワepi文庫) カズオ・イシグロ
忘れられた巨人 Audible版 忘れられた巨人 カズオ・イシグロ

カズオ・イシグロの作品

ツイートする