Comic S 早川書房創立70周年記念コミックアンソロジー〔SF篇〕

  • 早川書房
2.94
  • (0)
  • (3)
  • (12)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 87
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152095923

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『Comic S 早川書房創立70周年記念コミックアンソロジー〔SF篇〕』を読了。 前々から気になってたアンソロジー。 手塚治虫氏の「熟れた星」、松本零士氏の「衛星2連独房」、ふくやまけいこさんの「ドロシー」、つばなさんの「不登校」が良かったかな。

  • ミステリ編に続いてこちらも。(どうやらこちらが先らしいけど)
    ミステリ編以上に顔ぶれがゴーカ。
    内容も、サイエンス「フィクション」であり「ファンタジー」であり…。
    科学的でありつつ叙情的で、「SFだなぁ」と感じられる作品群でした。

  • cocoさんのカバー、描き下ろしの「俺の夢の妹 Sister of My Dreams」が目当てで。楽しめました。

  • 以前読んだ作品もある。ふくやまけいこさんの描く女の子が好き。

  • 早川書房70年分のアンソロジーと銘打っておきながら、収録された「SFコミック」はどれもこれも何故これを選んだのか首をかしげる微妙な作品ばかり。アンソロジーの意図が分からない。有名作家の超マイナー作品と、新人作家の無名作品ばかりで、まったく面白くない。さらに、なんの解説もなくて不親切極まりない。おまけにページ数のわりに値段が高すぎ。編集者の意図が不明のひどすぎるシロモノ。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

手塚治虫(てづか おさむ)
1928年11月3日 - 1989年2月9日
大阪府生まれ、兵庫県宝塚市出身の漫画家、アニメーター、アニメーション監督。その功績から、「漫画の神様」とも評された。1946年デビュー以後、漫画を表現とストーリーでもって魅力的な媒体に仕立てる。『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』『リボンの騎士』『火の鳥』『どろろ』『ブラック・ジャック』『アドルフに告ぐ』など、世に知られる多くの代表作があり、アニメ化・実写化された作品も数知れない。

手塚治虫の作品

Comic S 早川書房創立70周年記念コミックアンソロジー〔SF篇〕を本棚に登録しているひと

ツイートする