機龍警察 狼眼殺手 (ハヤカワ・ミステリワールド)

著者 :
  • 早川書房
4.12
  • (43)
  • (44)
  • (20)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 254
レビュー : 46
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152097095

作品紹介・あらすじ

巨大インフラプロジェクトの関係者数名が何者かに射殺された。被害者の一人が特捜部が追う馮グループの要人で、疑獄事件の疑いもあることから、捜一、捜二、特捜部の合同捜査となる。だが、警察内部の軋轢を嘲笑うかのように、事件は全く別の様相を見せる……

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今最も新刊を心待ちにしているシリーズ、なかなか文庫化もされないため図書館予約の後、数か月を待って読了。

    今作で特徴的なのは機龍兵装(ドラグーン)の出番が全くナシ!しかしながら息を飲むスリル、アクションシーンは用意されておりシリーズを通しての構成は踏襲されている。過去作品以上に警察内部、各関係省庁の、軋轢、駆け引きに満ちており、やや当惑気味に感じる諸兄がいるのかも?しかしながら魅力的新キャラも登場し(仁礼警部いいです!)個人的にはプラスマイナスでプラスの勝ち!であった。

    今作においては物語の視点において夏川警部補、宮近警視の登場が多く、やや印象の薄かった感ある二人の輝きが増している!特に宮近警視、激務である官僚業務の傍ら、友人である城木警視への気遣い、警察官としての在り方と出世レースの間で揺れる人間像、終盤においての沖津とのやり取り…痺れた(宮近!いけ好かないと思ったけどイイ奴じゃないかー!死ぬなよ!)

    今回も敵の尖兵たる「狼眼殺手」は非常に魅力的に描かれている。対するは虚無のヒロイン、ライザ・ラードナーであり、当然ながら鈴石緑警部補が絡む。かつての同胞同志での命のやり取り、IRF、北アイルランドの世情は想像に難いが、それぞれが背負うモノが、その対決をよりドラマティックに仕立ててあるのは、これもシリーズのお約束であり月村氏の技量の為せる技であった。

    ライザ救うため、己の手を血で汚してしまった鈴石警部補。彼女の汚れた手がライザを虚無の淵から救い上げる手となりうるのか?自次作以降への持越しとなった。彼女には幸せになってほしいと切に願う。そして由起谷vs關 剣平の対決構図が明確になった!これにも痺れる。

    何もかも忘れて没頭できるこのシリーズ、次を待ち望む日々がつらい…

  • ‪月村了衛『機龍警察 狼眼殺手』読了。シリーズ5作目にしてまたしても最高傑作を更新。そしてやはり泣いた。本作ではシリーズの魅力の1つである機甲兵装(ロボット)による戦闘シーンを敢えて描かないでみせることで、本作を"至近未来"SFと銘打つに相応しいことを十分以上に証明してみせた。‬

  • 何と今回は龍機兵の活躍一切なし。すごい新境地を開いたものだ。従来の重厚な警察小説に経済小説が加わっても尚、龍機兵シリーズの体を成しているあたりさすがと言えよう。経済疑獄をめぐる捜査がいつの間にか連続殺人事件の捜査にまで発展。挙句の果てにその敵は国家と来たものだ。そんな難題に特捜部はどう立ち向かうのか。さすがの沖津も苦戦を強いられることに。そしてその連続殺人の犯人は特捜部のある人とも因縁があったりと、龍機兵は出ずとも相変わらずのスケールと緊張感。そして、物語は一つの結末を迎えることに。これまでのクライマックスの昂揚感そのままに終わるエンディングではなく、静かな感動が胸を打つ。それでもやはり龍機兵の活躍が見たかったので減点w。

  • 機龍警察シリーズ第5弾。
    経産省が進める新たなネットワーク開発事業”クワイコン”。このプロジェクトに関わる人物が立て続けに殺害され、警視庁は捜査一課/二課、そして特捜部の合同体制で捜査に当たる。謎の暗殺者、中国マフィア、そして”敵”などが入り組む中、犯人にたどり着くことは出来るのか・・・
    今回は機甲兵装や龍騎兵は登場しないが、緊迫感は相変わらず。ライザと緑のくだりは良かった。おなじみのメンバーに加え、財務捜査官・仁礼や国税庁の魚住など、面白そうなキャラクターも登場で、今後も楽しみ。

  • とうとう龍機兵が出てこない長編エピソードになってしまった。 
    かといって、面白くないわけではなく「警察小説」として読み応え抜群! 読んで損無しです。 
    それにしても官僚機構と政界の腐れ具合は吐き気がします。 
    半歩先の未来って感じですが この腐れ具合は現実になって欲しくないですね 

  • 完璧。タイトルはあくまで事象の1つに過ぎない。機龍兵の戦闘シーンがシリーズ初めてなかったが不満などは一切なく、ただただ圧倒的な波が四方八方からやってきてこの作品に飲み込まれてしまった。早く次回作を読ませてほしい。

  • 見事な警察小説であり、国際謀略小説。堪能いたしました。

  • 圧倒的だ。色々なことが。龍騎兵が出てこなくてもやはりキーポイントはそこ。しかも何重にも広がるストーリー。大傑作、でしょうな。

  • シリーズ第5弾。
    最初は龍機兵の派手なアクションが魅力のSFだと思っていたこのシリーズも、どんどん複雑になり深みが増して今回は重厚な警察小説という感じ。アクションは少なめだが、龍機兵の秘密が明らかになりつつある。いくつもの犯罪が重なり合って指し示す先はどこなのか。
    疑獄事件の内容など個人的にはたいへん難しかったが、先が気になって後半は一気読みだった。ライザと緑のくだりは泣ける。
    次作はどのような展開になるのか楽しみ。

  • シリーズ5弾。次世代通信システムクイアコンをめぐる連続殺人。暗躍する中国諜報部、裏社会の面々そして「敵」。龍機兵がの出て来ない本書だが、テーマが人間を描くこのシリーズであればこれもあり。今回の中心人物はライザ&鈴石緑。それにしても特捜部長は怪物だ。

全46件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1963年大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。2010年、『機龍警察』で小説家デビュー。2012年に『機龍警察 自爆条項』で第33回日本SF大賞、2013年に『機龍警察 暗黒市場』で第34回吉川英治文学新人賞、2015年に『コルトM1851残月』で第17回大藪春彦賞、『土漠の花』で第68回日本推理作家協会賞を受賞。他の著書に『神子上典膳』『機龍警察 狼眼殺手』『コルトM1847羽衣』『東京輪舞』などがある。

「2019年 『悪の五輪』 で使われていた紹介文から引用しています。」

機龍警察 狼眼殺手 (ハヤカワ・ミステリワールド)のその他の作品

月村了衛の作品

機龍警察 狼眼殺手 (ハヤカワ・ミステリワールド)を本棚に登録しているひと

ツイートする