機龍警察 狼眼殺手 (ハヤカワ・ミステリワールド)

著者 :
  • 早川書房
4.12
  • (43)
  • (44)
  • (20)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 254
レビュー : 46
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152097095

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「敵」が少しはかすめてくるようになって,ますます複雑怪奇な様相を呈してきた.沖津を中心に結束を硬くしていく面々,警察内部の足の引っ張り合いや縄張り意識の中で,警察官に目覚めていく人たちもいることが救いだ.この先どうなるのか次巻が待ち遠しい.

  • シリーズ第5弾

  • ドラグーンが出てこない。ストーリーが複雑化しながら、アクションシーンはスピード感あふれる。ただ、シリーズ全体の世界に、ちょっとついていけなくなるかも。

  • 龍機兵の戦闘シーンがいつになったら登場するのかと思っていたら、ストーリーが終わってた。

  • 次回作が待ち遠しい。

  • 今回も面白い

     ハレギは登場しないし、活躍はラードナーだけ。

     それでも尿結石と戦いながらトイレにこもって一気読みするハイテンポなストーリーにはまっちゃう。

     複雑な謎が少しずつ解けていき、ある程度は予定調和のエンディングに安心する。次回はもっともっとアクションバリバリの作品が読みたいな。

  • 機龍警察シリーズ最新刊。今作は龍騎兵の戦闘がないというかなり思い切った内容に。しかし面白さは抜群。
    警察小説の色合いが強くなり更に経済小説・スパイ小説的な側面も加わって濃密な人間模様と高難度の駆け引きが展開されている。
    日中合同プロジェクト「クイアコン」に関わる一大疑獄。さらにプロジェクト関係者が次々と殺害される非常事態に特捜部は捜査一課・二課との合同捜査に着手する。
    警察内部、国税局、検察庁、政財界、裏社会、中国諜報部。いくつもの勢力の思惑が複雑に絡み合う国家レベルの陰謀。
    かつてないほどの窮地に鋭さを増す特捜部長・沖津の「悪魔」の頭脳。
    そして警察の捜査網をやすやすと突破する凄腕の殺し屋「狼眼殺手」。その存在がIRFの「死神」ライザ、テロで家族を奪われた鈴石緑の過去の因縁と交錯する。
    シリーズの象徴である機甲兵装を登場させない、戦闘シーンも少なめ。それでもここまでの作品を仕上げてしまう著者の実力は間違いなく本物。
    物語が次のステージに進んだ感もある。
    次巻以降、さらにスケールの大きな展開が待っているはず。もちろん手に汗握る龍騎兵のバトルにも期待している。

  • 今回機龍兵が一回も出てこなかった!その点は物足りなかったものの、物語としての重厚さは全然損なわず、かなり読み応えがありました。
    仁礼さんがユニークでいいキャラでした。

    2018.5.19

  • 機龍兵の製造は核兵器に代わる新たな新兵器の登場ってくらいのイメージで読めば1番楽しめるかな

  • 今回は狼の彼女と内部の「敵」、ですが……それよりやっぱり鈴石主任とライザだな!
    いやあ、ドラマが進んで参りました!

全46件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

1963年大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。2010年、『機龍警察』で小説家デビュー。2012年に『機龍警察 自爆条項』で第33回日本SF大賞、2013年に『機龍警察 暗黒市場』で第34回吉川英治文学新人賞、2015年に『コルトM1851残月』で第17回大藪春彦賞、『土漠の花』で第68回日本推理作家協会賞を受賞。他の著書に『神子上典膳』『機龍警察 狼眼殺手』『コルトM1847羽衣』『東京輪舞』などがある。

「2019年 『悪の五輪』 で使われていた紹介文から引用しています。」

機龍警察 狼眼殺手 (ハヤカワ・ミステリワールド)のその他の作品

月村了衛の作品

ツイートする