そいねドリーマー

著者 :
制作 : 丸紅 茜 
  • 早川書房
3.64
  • (2)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 68
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152097835

作品紹介・あらすじ

人間の眠りの世界〈ナイトランド〉で人の精神に寄生しようとする睡獣と、夢に侵入して自由に動けるスリープウォーカーという特殊能力者たちの戦いが続く現代日本。不眠症の女子高生・帆影沙耶はスリープウォーカーの金春ひつじと夢の中で恋人として出逢う――

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 11月8日読了。図書館。

  • ★学生選書ツアー2018選書図書★
    【所在・貸出状況を見る】
    https://sistlb.sist.ac.jp/opac/volume/217662

  • 半年間眠れていない女子高生が保健室で寝ようとしていたら、いきなり女子構成が乱入。彼女に「添い寝」されたらなぜか眠れて……。眠りの世界で戦う女子高生たちのお話……と言ったらうそになる。夢の世界って曖昧で、いつ「明晰」でなくなるのかもわからない感じが上手くあらわされつつ、コメディなところもあり、「裏世界ピクニック」ほどの狂気なセカイでもない。夢の世界のその「似た」感じは、だれしも味わったことがあるだろうから、いい導入になるんじゃないかな。

  • 不眠症に陥った沙耶は、保健室でひつじと出会い恋と夢に落ちる。実はひつじはどんな相手も眠らせてしまうブランケットの能力者だった。そして沙耶も夢の中で睡獣を退治するスリープウォーカーとなるが、次第に睡獣との戦いが変質していく。
    読んでいるとどの章が夢なのか現実なのか分からなくなる。この構成は非常に面白く読んでいて飽きない。またただの狩りのようだった睡獣との戦いが実は嵌められていたなど展開は不思議の世界をより謎めいてみせる。
    最後のオチも不思議さがいっぱい。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

宮澤 伊織(みやざわ いおり)
秋田県生まれ。2011年に長編小説シリーズ『僕の魔剣が、うるさい件について』でデビュー。2015年、『神々の歩法』で第6回創元SF短編賞を受賞。
その他代表作に、SF的世界観と百合が結合した『裏世界ピクニック』『そいねドリーマー』。なお、魚蹴(うおけり)名義で、「サタスペ」や「インセイン」などのテーブルトークRPGの世界設定・リプレイを執筆することもある。

そいねドリーマーのその他の作品

宮澤伊織の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
三秋 縋
米澤 穂信
上田 早夕里
辻村 深月
トーン テレヘン
アンディ・ウィア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする