答えのない世界に立ち向かう哲学講座――AI・バイオサイエンス・資本主義の未来

著者 :
  • 早川書房
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 87
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152098092

作品紹介・あらすじ

自動運転車、ゲノム編集、仮想通貨……最新テクノロジーが呼び起こす難問を、著書『いま世界の哲学者が考えていること』が話題の哲学者とともに考える。哲学者のように思考し議論する力が身につく、『WIRED』日本版が開講したビジネスパーソン向け哲学講座の書籍版

著者プロフィール

1954年福岡生まれ。九州大学大学院文学研究科修了。博士(文学)。九州大学文学部助手を経て、現在は玉川大学文学部教授。西洋の近現代思想を専門とするが、興味関心は幅広く、領域横断的な研究をしている。著書に、「フランス現代思想史―構造主義からデリダ以後へ」(中公新書)、「思考実験―世界と哲学をつなぐ75問」(ちくま新書)、「12歳からの現代思想」(ちくま新書)など多数。

「2018年 『人工知能に哲学を教えたら』 で使われていた紹介文から引用しています。」

答えのない世界に立ち向かう哲学講座――AI・バイオサイエンス・資本主義の未来のその他の作品

岡本裕一朗の作品

ツイートする