秘密が見える目の少女 (ハリネズミの本箱)

  • 早川書房
3.38
  • (3)
  • (5)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152500076

作品紹介・あらすじ

あたしはディナ、10才。目を見るだけで相手の秘密がわかってしまう、"恥あらわし"という能力を持ってる。母さんから受けついだこの目のせいで、みんなに避けられてしまい、いやでたまらない。でも、母さんがおそろしい事件に巻きこまれたことを知って、あたしは自分の力を武器に、助けだす決意をした。デンマークのファンタジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  他人の目を見るとその人の恥がわかり、見られた方も恥を思い出すという「恥あらわし」の娘がお家騒動にまきこまれる。なかなかおもしろい設定だと思ったが、普通に読みやすい冒険物語だった。ちょっとくいたりない。 次に続く的な終わり方だが、読もうかどうか。ちなみに、本国デンマークでは五巻出ているそうだが、4年たった今も、早川からは二作しか出版されていない模様。 

  • 再読2017.12.12

  • 面白かった。たいてい児童書の主人公が何かの危機にぶつかる時、回避する方法って2通り示されてて、一つは絶対に受け入れられない(誘拐された家族を見放すとか)ものだから、もう片方を選択するしかない(つまりは何が何でも戦う)ような状況に追い込まれることが多いと思うんだけど、この主人公は賢くて、選択肢を2つ出されても、第3の可能性を探そうとしてるところがよかった。

  • 2013/10/06

  • 物語に入りこみづらかった。

  • 2003 10 8

  • 恥じあらわしのディナ。人の醜い部分がわかる。ファンタジー。

全7件中 1 - 7件を表示

リーネ・コーバベルの作品

ツイートする
×