エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

制作 : 山岸 真  中村 融 
  • 早川書房
4.47
  • (9)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (526ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784153350281

作品紹介・あらすじ

故郷を滅亡から救うため〈弧絶〉が旅立ち、数世代後。苛酷な人口抑制を強いられる〈弧絶〉内で、伝説のエネルギー源〈永遠の炎〉が見出されるが……。ハードSFの旗手イーガンのシリーズ第二弾

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  『直交』三部作の第2。われわれの宇宙とは物理法則が符号がちょっとばかり違う宇宙。そのような宇宙を設定すると、われわれの相対論的宇宙と違って、時空をかなり簡単に図示できるのがメリットなのだが、この数学と物理学、私は十分わからないまま読んでいる。それでも物語は面白いと思えるからまあいい。それで挫けてしまう人にはお勧めできない。そして登場「人物」もまた人間ではない知的生物なのだが、彼らの惑星の未来への進行方向と直交方向から星団が飛んでくることがわかり、いずれ衝突して彼らの惑星は滅びてしまう。そこで山ひとつを世代間宇宙船〈孤絶〉にして、直交座標の横方向に高速で飛んでいくことにする。この宇宙の物理法則だと十分に高速で飛ぶと、船内の時間経過は故郷の惑星よりも早くなり、そこで時間稼ぎをして、つまり科学技術を発展させてからなんとか故郷に戻って、直交星団との衝突を回避しようというのが、ミッションであり、この三部作の設定である。
     『クロックワーク・ロケット』では主にわれわれの宇宙の相対性理論に相当するものが発見されていったが、本書の科学の発展は量子論に相当するものである。〈孤絶〉が飛行するなか、別の天体を発見するのだ。そしてこれが反物質の相当するもので、という展開。前巻のヤルダから数世代あとの時代、天文学者タマラと物理学者カルラが活躍し、エターナル・フレイムを発見するのである。
     そしてもうひとつの重要なテーマが生物学。この物語の知的生物は、雌雄があるのだが、人間の生殖とはまるで違う。女性が四分裂して二組の男女ペア(これを双という)を生む。そしてこの双が人間で言うところの夫婦であり、次の生殖を担う。双子は産まれながらにして夫婦であり、「出産」は女性の死を意味し、残された双の片割れの男性が育児を担うのだ。これ、結婚・出産で仕事を断念せざるをえない人間女性の置かれた立場の強烈なアリュージョンになっており、『クロックワーク・ロケット』でも女性科学者の苦悩として描かれている。
     しかし本書では四分裂すると、世代間宇宙船の中でどんどん人口が増えてしまう。そこで女性たちは自ら食事を制限している。飢餓状態だと出産時に二分裂になる可能性があるからだ。さもないと子どもを間引かなければならない。これは摂食障害に苦しむ女性のアリュージョンか。カルラの双であるカルロは生物学者であり、この問題に挑んでいく。

  • 前作に続き、この世界の物理がほぼ理解できない。こんなに分からないのにとりあえず読み進められるのは、2つ理由がある。
    1つは科学者たちが研究を議論し模索しながら進めていく過程が単純に楽しいから。そして2つめは、生物分野の研究は理解できたから。
    この世界の人々の根本的なあり方は、とても興味深い。そこを変える可能性を調べようとする生物学者カルロのパートは、数少ない理解できる部分としてだけでなくリアルに感じられた。だからこそ彼の双であるカルラの選択に言葉を失ってしまう。

  • 読んだぞ、とにかく。おもしろかったよ、そう言っていいのかどうかわからないけど。だって、サイエンス部分が前作「クロックワークロケット」をしのぐ難しさで、ほとんどチンプンカンプン。科学的な議論が始まると、そのくだりは無念無想の境地で字面だけ追い、人間ドラマ的部分(「人間」じゃないけど)にさしかかると我に返って熟読、ということの繰り返しだった。こういう読み方でも「おもしろかった」って言っていいですか?

    いやまったく、出だしからガツンと「物語」にひきこまれて、「わからないにもほどがある(byバーナード嬢)」ところがどんなに多かろうが、読むのをやめようとはちっとも思わなかった。この第二作は、特異な出産の形態に焦点が当たっているので、ちょっとフェミ的な読み方ができるのかもしれないが、あまりそうした方面にひきつけず、あり得る文明の一形態として見るのがいいように思った。とにかく、人間とはおよそかけ離れた生態の異星人たちの姿を、徹底的にリアルに、かつクールに描き出すイーガンの手腕に脱帽。

    「白熱光」でもそうだったが、文系人間にはサイエンス部分の細部が(どころか大枠さえ)理解不能であっても、「ああこれは、この私たちとは違う世界の物理法則を探求しているのだな」ということはわかる。そして、その設定がおそろしく徹底したものであることもビンビン伝わってくる。この部分を知的な興奮とともに楽しめる方たちが本当にうらやましいが、一体どれぐらいの人がこの内容を咀嚼できるのだろうかとも思う。

    あとがきで山岸真氏が、最終章にある「記録学者」の言葉に、そうしたイーガンのスタイルの理由が見てとれると書かれていて、これはなるほどと思った。

    「想像してください。いまから1ダース世代のち、波動力学があらゆる機械の動力となり、だれもがそれを当たり前だと思っている時代を。それが完全な完成形で空からふってきた、とその時代の人々が考えてもいいんですか。じつはその幸運は、史上もっとも強力な変化のエンジン-つまり、科学について論じる人々-に負うものなのに」

    テクノロジーは「魔法」ではなく、世界の真理を追究してきた人たちの営為のたまものだ。その姿勢が揺るぎないものだから、どんなに難解だろうが、またイーガンを読む気になるのだろう。

  • 青木薫訳『量子革命』を連想。これの架空世界版みたいな。プラス、過激なフェミ論争のネタ満載。その観点でも読書会したら面白そうだが、いやちょい怖いかも。

  • 〈直交〉世界の科学については解説が充実しているのでそちらを読んでもらうとして、なかなか興味深いのは〈孤絶〉内の社会文化もなのだよね。ある意味では研究学園都市の一種だが、〈孤絶〉外社会が存在しないおかげで物理や化学が至上命題であり続けられる。

  • 前巻は一応は「速く走れば時間も速くなる」というワンアイデアを把握しておけばストーリーは追えたが、今巻では科学理論の解明そのものがストーリーの本質になっているためか全く・全く・全く・謎謎謎謎

  • 三部作の第二部。
    第一部から続く、物理法則の異なる世界を描いた群像劇で、前作からはかなりの時間が経過している。本書の社会は閉塞感に覆われていて、なかなか息が詰まるような雰囲気だった。
    そして物理法則云々は相変わらず解らないw そもそも現実の物理もちんぷんかんぷんなので仕方がないかw

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1961年、オーストラリア西海岸パース生まれ。SF作家。西オーストラリア大学で数学理学士号を取得。「祈りの海」でヒューゴー賞受賞。著書に、『宇宙消失』『順列都市』『万物理論』『ディアスポラ』他。「現役最高のSF作家」と評価されている。

「2016年 『TAP』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)のその他の作品

グレッグ・イーガンの作品

エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする