隣接界 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

制作 : 引地 渉  古沢 嘉通  幹 遙子 
  • 早川書房
3.83
  • (6)
  • (5)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 85
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (590ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784153350359

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦闘機乗り、大規模テロ、人捜し、それぞれの臨場感が真に迫ってきて、章単位ではかなり引き込まれて読んだ。でも最終的に隣接性の効果がかっちりとわからなかったので、なんだったの…と取り残された気持ち。結末の再会で明るさを見るにはあまりにも人が死んでいるし…。

    書かれていないことをいろいろ考えて楽しむタイプの小説だったんだと思うんだけど、自分はそういう読み方をしないので。SF読みの人の解説が欲しい感じ。

  • 最初はとっつきにくいのだけれど、途中から読みやすくなったのは、理解するのを諦めたためかもしれない。軸になるのはトルコで妻を亡くしたカメラマンが英国に帰ってくる話なのだが、似たような名前の奇術師や飛行士が出てきて、時代も第一次と第二次の世界大戦、近未来とバラバラで、パラレルワールドを見ているようで、全体を把握することは諦めて、目の前の物語を楽しむことにした。プリーストの作品を読むのは初めてだったのだが、過去の作品を読んだことのある人には、別の楽しみもあるらしい。

隣接界 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)のその他の作品

隣接界 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) Kindle版 隣接界 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) クリストファー・プリースト

クリストファー・プリーストの作品

ツイートする