演歌の虫

著者 :
  • 文藝春秋
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163083704

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 作詞家で有名な山口洋子だが、銀座のマダムでもあり作家でもある。しかも、彼女は「東京運動記者クラブ」のバッジをつけてスポーツの現場の出入りを許されていた。彼女に取って人生とはどのように映っていたのか、それを知る作品だと思う。貢ぐ女は銀座のママとして、演歌の虫は作詞家として弥次郎兵衛はスポーツ記者としての経験が描かれている。それにしても、演歌とは日本人の気性に合った歌だと思う。

  • 直木賞 初版

全2件中 1 - 2件を表示

山口洋子の作品

演歌の虫を本棚に登録しているひと

ツイートする