イン・ザ・プール

著者 :
  • 文藝春秋
3.71
  • (705)
  • (959)
  • (1495)
  • (55)
  • (14)
本棚登録 : 4853
レビュー : 1089
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163209005

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ☆☆☆$$最高に面白い。自分と近い症状が多く、共感できる。$$著者の代表的な作品。$$文庫を手元に置いとく、価値有り。

  • 話の流れがよく、すいすい読めて読後は爽快感があります。

  • たまに無性に読みたくなる本。伊良部が面白すぎます。バカなのかと思いきやちゃんと患者さんの病気が治ってるから不思議。だんだん今現在悩んでることがどうでもよくなってきます。以前学校のお友達にすすめたらやっぱり評判よかったです(*´ω`*)

  • 伊良部先生シリーズ1作目。
    アニメを見てから読みました
    インザプールとフレンズが好き!

  • 伊良部さんはゴッチャゴチャなのに病気を治してしまう・・・。

    あれって『作戦』なのかなぁ?

    ホントに何者なんだろ??

  • ややウケな感じで、読みやすかった。

    伊良部先生みたいな人と知り合いになりたいです。

    伊良部先生みたいに物事を考えられるようになったらラクだろなーーー

  • 奇想天外な精神科医が活躍する伊良部シリーズの第1作目。

    「イン・ザ・プール」、「たちっ放し」、「コンパニオン」、「フレンズ」、「いてもたっても」の短編5作品。
    個人的には、表題作の記念すべき第一話「イン・ザ・プール」と、謎の看護師マユミちゃんの魅力が引き立っていた「フレンズ」がよかったかな。

    今読むと、ブラウン管TVやら定額料金がない携帯やら、少し時代の懐かしさを感じてしまいますが、人間の心の病はいつの時代も不変的なテーマですね。
    そんな現代人のサプリメントになるような作品だと思います。

  • おもしろくて一気に読んだ。
    ただ、ちょっと設定と展開がありきたりだったかな。
    だから自分が中学生くらいの頃に出会ってたら、間違いなくはまってたはず!

    伊良部先生がかわいすぎないところがよかった。
    時には我を忘れて怒り狂ったり、下心で近づいたり、金で物事を動かしたりと、決していい人ではないところが。

  • 笑えます。
    この伊良部と言う医者は天然なのか、実は本当は緻密に計算された天然キャラを演じているのか。。。
    はたまた。。。
    と、まあ難しいことを考えても仕方ない。面白く楽しんで読もう!っていう本です。

  • キャラが立っている!伊良部先生超ウケル!

全1089件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

おくだ・ひでお
1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライターなどを経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。2002年『邪魔』で大藪春彦賞受賞。2004年『空中ブランコ』で直木賞、2007年『家日和』で柴田錬三郎賞、2009年『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を受賞。著書に『最悪』、『イン・ザ・プール』、『マドンナ』、『ガール』、『サウスバウンド』、『家日和』、『無理』、『噂の女』、『我が家のヒミツ』、『ナオミとカナコ』、『向田理髪店』『ヴァラエティ』など。映像化作品も多数あり、コミカルな短篇から社会派長編までさまざまな作風で人気を博している。

「2019年 『ヴァラエティ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

イン・ザ・プールのその他の作品

奥田英朗の作品

ツイートする