イン・ザ・プール

著者 :
  • 文藝春秋
3.71
  • (704)
  • (960)
  • (1495)
  • (55)
  • (14)
本棚登録 : 4851
レビュー : 1089
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163209005

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 精神科医・伊良部とその患者たちのストーリー。難題を抱えたそれぞれの患者が、どっから見てもとんでもない医者を前にどう病気を克服していくのか。
    型破りで、医者として??!な部分だらけな彼だけど、気付けば患者も、読者すらも彼の言動に翻弄され、そして癒されていく。

    「自分もこうゆうところ、あるかも・・・」
    読後は自分を見つめ直したくなります。

  • ふざけてるけどあるあるな話もちらほら。映画もばかばかしくて面白かったです。

  • かなり変わった症状に悩まされている患者と、これまた変人の医者の物語。
    軽快な話の流れに気負うことなく読める一冊。

    特に主人公の医者の自由奔放な生き方が面白い。

  • 「町長選挙」を上司に借りることになって読んでいたら,そういえばこれも読んだことあった,と思ったので登録します.これよりは,「町長選挙」の方がおもしろかったかな.

  • 主人公は伊良部総合病院の精神科医、伊良部一郎。キモチワルイ人なのだが独特のセンスで患者の問題を解決していくお話。

    軽くて読みやすいのだけどいかんせん主人公が好きじゃない。

  • 少しワンパターンな内容。薦めないデス

  • とても面白くてさらっと読めてしまいました。
    伊良部のキャラがいい。

  • 昔、図書館で借りて読んで面白かったので購入して再読。
    独特の奥田氏ワールド!!
    ドクター伊良部シリーズはやっぱり面白い^^。

  • 高校のとき、これの「フレンズ」で読書感想文書いた←
    何か身に覚えのあることがぽつぽつ出てきてて、しかも蓋をしてしまいたいよーなことで、読んでて辛かったというか恥ずかしかったというか…

  • いや。
    なんだろ、これ。笑

全1089件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

おくだ・ひでお
1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライターなどを経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。2002年『邪魔』で大藪春彦賞受賞。2004年『空中ブランコ』で直木賞、2007年『家日和』で柴田錬三郎賞、2009年『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を受賞。著書に『最悪』、『イン・ザ・プール』、『マドンナ』、『ガール』、『サウスバウンド』、『家日和』、『無理』、『噂の女』、『我が家のヒミツ』、『ナオミとカナコ』、『向田理髪店』『ヴァラエティ』など。映像化作品も多数あり、コミカルな短篇から社会派長編までさまざまな作風で人気を博している。

「2019年 『ヴァラエティ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

イン・ザ・プールのその他の作品

奥田英朗の作品

ツイートする