空中ブランコ

著者 :
  • 文藝春秋
3.77
  • (921)
  • (1209)
  • (1601)
  • (74)
  • (16)
本棚登録 : 6293
レビュー : 1225
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163228709

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 笑える

  • 久々にすごい面白い作品に出会えた。

    なかなか、面白い視点で書かれてた。
    これは読みやすかった。
    主人公は、彼なんやねー。
    そこに引っ掛かって、余計に引かれた。
    生き方に、学べる作品でもあった。

  • 最近 面白い小説を読んでいなかったので 嬉しい。

  • 面白ろかった!
    伊良部先生は皆川猿時で想像していました(笑)

  • 伊良部最高。ユーモアの視点を持ちながら人間の苦しみと喜びを活写した傑作。時に吹き出して時に涙ぐんで読んだ。

  • 請求記号:913.6/Oku
    資料ID:50033736

  • 痛快はっちゃけ精神科医。

  • ひとつ目の話を読んで、まぁ面白かったけど、
    「ここからどう空中ブランコが展開するの?」と不安に・・・
    ましてや、「これで直木賞?」・・・

    でも、ふたつ目の「ハリネズミ」の話を読んで、
    ようやく誰が主人公なのかわかりスッキリしました。

    そして、それから最後まで一気読みです!

    伊良部先生、サイコー!

  • 伊良部先生が最高。凄く面白い。次作もぜひ読みたい。

  • 装丁/石崎健太郎 デジタルアート/増田寛 写真/山本雷太 撮影協力/木下サーカス

全1225件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

おくだ・ひでお
1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライターなどを経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。2002年『邪魔』で大藪春彦賞受賞。2004年『空中ブランコ』で直木賞、2007年『家日和』で柴田錬三郎賞、2009年『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を受賞。著書に『最悪』、『イン・ザ・プール』、『マドンナ』、『ガール』、『サウスバウンド』、『家日和』、『無理』、『噂の女』、『我が家のヒミツ』、『ナオミとカナコ』、『向田理髪店』『ヴァラエティ』など。映像化作品も多数あり、コミカルな短篇から社会派長編までさまざまな作風で人気を博している。

「2019年 『ヴァラエティ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

空中ブランコのその他の作品

奥田英朗の作品

ツイートする