風味絶佳

著者 :
  • 文藝春秋
3.39
  • (128)
  • (290)
  • (742)
  • (46)
  • (12)
本棚登録 : 1910
レビュー : 390
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163239309

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短編集。
    映画にもなった「シュガー&スパイス 風味絶佳」の原作が入っています。
    なんだか私にはどの話もイマイチで、あまり共感できませんでした。

  • 春眠とあとがきが印象に残った。なんで尊敬しているのかがわかった。
    あまり扱われない職業が多かったので珍しいなと思っていたら、意図的だったようだ。

  • 爽やかから変態なのまで

  • ショートストーリー

    なんかおもしろかった気がするんだけど、
    読んでたタイミングもあって何一つ思い出せない・・・・・・

    おもしろかったと思うんだけどな。

  • どの話も世界観が確立されていて、登場人物がくっきりしている。

    特に表題作のキャラクターがいい。

    風味絶佳の志郎と春眠の章造の普通さに好感。

  • 森永のミルクキャラメルを見かけるたびに、この本を思い出す。

    包丁で指を怪我するシーンと、その後に吐かれる台詞がなぜか特に残っている。

  • すごい久しぶりに山田詠美さん。

    短編集です。
    「風味絶佳」ってタイトル好きだなぁ。

    それにほんと文体すごいし,
    なにより感性が豊か。っていうのを越えて鋭い。
    人間味がある。を越えて生々しい。

    表題作は面白かった。
    若いボーイフレンドがいる70歳のあばぁちゃん。
    ハツラツです。

    個人的には「海の庭」が好きでした。

  • サラリーマンとかじゃなくて




    いわゆる特殊分野の職人さんとの恋







    独身の時は あまり 接点がなかったけど




    ここに出てくる方々と同じ職業の方々と




    結婚と同時に




    かかわることが多くなってきたなあって思う。




    なので・・・わかります




    かっこいいなあって思うことありますもん・・・




    ここにでてくる女性たちも 個性的で




    魅力的・・・憂いのあるかんじとかね




    大人になると 子どもの時より




    ふと・・・・打算のない恋とかしちゃうのかなあ・・・




    短編小説なんだけど 短編小説じゃないみたい







    ひとつひとつのお話が じーんって胸にひびきました




    山田詠美さんの世界観って素敵だなあ

  • 「もう顔も見たくない人」、私にもいます。
    自分が持つ乙女心な部分の核心を、代わりに表現してもらった気分。
    女の子はシュガー&スパイス。
    アメリカかぶれの祖母、かつて惚れた男に降伏したまま今に至った祖母。私もそうなっていくんだろうか。
    人って、多かれ少なかれ好きになった人の影響で形作られていくものだと思うから。
    『風味絶佳』すごく好きな作品です。
    映画版も大好き。作品中の沢尻エリカの可愛さと言ったら!

  • 恋愛短編。どれも読みやすくって面白かったけど、不思議と後に残らない。そういう書き味の人なのかも。
    書名になってる“風味絶佳”が一番好き。不二子ちゃんみたいな、はっきりしていて竹を割ったような性格の人が好き。
    恋人とはなんなんですかという問いに、必需品に決まってるじゃないのって答えるところ。必需品かぁ。いいなーその表現。

全390件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

山田 詠美(やまだ えいみ)
1959年、東京生まれ。明治大学文学部中退。85年『ベッドタイムアイズ』で文藝賞受賞。同作品は芥川賞候補にもなり、衝撃的なデビューを飾る。87年には『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』で直木賞受賞。89年『風葬の教室』で平林たい子文学賞、91年 『トラッシュ』で女流文学賞、96年『アニマル・ロジック』で泉鏡花文学賞、2000年『A2Z』で読売文学賞、05年『風味絶佳』で谷崎賞、12年『ジェントルマン』で野間文芸賞、16「生鮮てるてる坊主」で川端賞を受賞している。その他の著書に『無銭優雅』『学問』『タイニー・ストーリーズ』『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』などがある。

風味絶佳のその他の作品

風味絶佳 (文春文庫) 文庫 風味絶佳 (文春文庫) 山田詠美
風味絶佳 (文春文庫) Kindle版 風味絶佳 (文春文庫) 山田詠美

山田詠美の作品

ツイートする