風味絶佳

著者 :
  • 文藝春秋
3.39
  • (128)
  • (290)
  • (742)
  • (46)
  • (12)
本棚登録 : 1910
レビュー : 390
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163239309

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 単なる恋愛ものの短編集ではない。色々な職業、特に肉体労働を要する仕事をしている男性にスポットライトを当てている。もう一度読み直したい。

  • 映画「シュガー&スパイス」を観て良さが分からなかったので、原作を・・・と思い読んでみた。

    やっぱり良さはいまいちよく分からなかった。

    山田詠美の作品を全部読んでるわけではないので一概には言えませんが、昔と作風が随分と違いますね。

    わたしはデビュー当時のキラキラした感じが好きです。

  • お風呂で読もうと思って、文庫を久しぶりに読み返しました。短編の中の『夕餉』。「私は始まりに便乗して、彼は終わりに便乗する。そんな利用な仕方を続けていたら、愛情に近づいちゃうよ。」山田詠美らしい文章だなあ、と。

  • 男は肉食であれ!!
    っていうメッセージなのかしら…?(*^^*)

  • 1番気に入ったのは「夕餉」。
    私も男をゴハンで釣れるような位料理が上手くなりたいなぁと思ってしまいました。

    好きな男の人の体の素になるものは自分で作ってあげたいって気持ちも大事だよね。

  • 恋愛って甘いだけでも辛いだけでも
    きっと、どっちかだけじゃダメなんだろうね。

    女の子はシュガー・アンド・スパイス。
    ほんとうまいこと言ってます。

  • 映画の原作をドーンとやってるのかと思って買ったら
    短編集でした

  • 六つの短編集。

  • 映画から興味を持ち、手に。

  • 6つの短編集。なんだか、ただの恋愛小説とは少し違って、とても官能的。お気に入りは本の表題と同じ、「風味絶佳」というお話。

    恋愛は、甘いだけででもなく、辛いだけでもなく、さまざまな味がするもの。総じて言えるのは、「おいしい」ということでしょうか?

全390件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

山田 詠美(やまだ えいみ)
1959年、東京生まれ。明治大学文学部中退。85年『ベッドタイムアイズ』で文藝賞受賞。同作品は芥川賞候補にもなり、衝撃的なデビューを飾る。87年には『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』で直木賞受賞。89年『風葬の教室』で平林たい子文学賞、91年 『トラッシュ』で女流文学賞、96年『アニマル・ロジック』で泉鏡花文学賞、2000年『A2Z』で読売文学賞、05年『風味絶佳』で谷崎賞、12年『ジェントルマン』で野間文芸賞、16「生鮮てるてる坊主」で川端賞を受賞している。その他の著書に『無銭優雅』『学問』『タイニー・ストーリーズ』『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』などがある。

風味絶佳のその他の作品

風味絶佳 (文春文庫) 文庫 風味絶佳 (文春文庫) 山田詠美
風味絶佳 (文春文庫) Kindle版 風味絶佳 (文春文庫) 山田詠美

山田詠美の作品

ツイートする