にょっ記

著者 :
  • 文藝春秋
3.66
  • (72)
  • (119)
  • (161)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 707
レビュー : 150
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163247403

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久々にほむほむ。ほむほむの本を大量に借りたのだ。面白かった。にょにょっ記を前読んだけど、その前作。架空の日記というか、ショートショートというか。古本屋で買った本の話は本当だろうか。超面白かった。私も読んでみたい。やっぱほむほむはいいなー。

  • シュールな日記。だけどたまに、なるほどと思う部分も。
    穂村ワールドにハマった。

  • 空想 + 想像 + 少しの現実 + 平和 = ニヤニヤ~ = 「にょっ記」

    「にょっ記」危険な本です。
    ニヤニヤしてしまいます。ニヤニヤ~。

  • 日記的なエッセイ。おもしろい人だなあ。ゆるっと不思議なかんじがとても好き。

  • 大それた話でも、感動秘話でもないのに、どうしてこんなに魅力的なのか。

    天使って奥さんだったのかー。
    そう思って読み返すとまた違った印象。

    フジモトマサルさんのゆるいイラストと相まって、ゆるゆる染み込んでくる。
    夜中に食べるお茶漬けのような。

  • 私にとっての「天使」は穂村さんかも(笑)

  • 2月22日 手書き文字入力
    思わず笑った(笑)

  • 腹がよじれるほど笑った

  • 穂村弘が奥さんのことを「天使」って表してることにきゅん死にできる。

  • すごいくだらなくて,なんかたまにこういう本が必要だ最近。素晴らしいくだらなさだ力抜けまくってる。

全150件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

穂村弘(ほむら ひろし)
1962年、北海道生まれの歌人。1990年歌集『シンジケート』でデビュー。その後、短歌のみならず、評論、エッセイ、絵本、翻訳など幅広い分野で活躍中。2008年『短歌の友人』で第19回伊藤整文学賞、『楽しい一日』で第44回短歌研究賞、2017年『鳥肌が』で第33回講談社エッセイ賞、2018年『水中翼船炎上中』で第23回若山牧水賞をそれぞれ受賞。歌集に『ドライ ドライ アイス』、『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』、『ラインマーカーズ』。その他代表作に、『本当はちがうんだ日記』『絶叫委員会』『世界音痴』『整形前夜』『蚊がいる』『短歌ください』『野良猫を尊敬した日』など著書多数。

にょっ記のその他の作品

にょっ記 (文春文庫) Kindle版 にょっ記 (文春文庫) 穂村弘

穂村弘の作品

ツイートする