にょっ記

著者 :
  • 文藝春秋
3.66
  • (72)
  • (119)
  • (161)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 707
レビュー : 150
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163247403

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『現実入門』が面白かったなぁ、と思い、著者名だけ見て購入。中が見えないような造本だったので内容はよく分からない(まだ見ていない)

  • 夜更かしをしてしまいました。
    面白くて。

  • 短い日記形式の本だが、歌人だけあって言葉のリズムが素敵。本文組も行長が短くマッチしている。小塚明朝のもったり感が気になったが読み進むうちに慣れた。

  • 歌人・穂村さんの、ゆるーいウソホント日記。
    自分の誕生日に書かれた日記には武蔵丸の夢を見た話が書かれていたわ。

    武蔵丸にささやかな親近感。

  • 部屋に置くなら、文庫よりもぜったいにこっち。装丁最高。印刷も手触りも形も最高。
    内容は、ほむほむとフジモトマサルの…何だろう…変な食べあわせで、変な気分になれます。
    読んだあとはしばらく、目に「ほむらめがね」のようなものがかかって、世界がふしぎに見えてきます。

  • くだらない、でもやめられない。読めば読むほど、おもしろさが増していく気がします。

  • 年上の方に大変失礼なんですが、ほむらさんかわいーんです!

    ほむらさんは、むにゃむにゃと寝ぼけたことを書いてるようにみえて、するどいんです。


    「くくくく」っと思わず笑いがもれます。


    うこんのくだりと、お〜いお茶の話は、最高。


    わたしは、氏の著者を読むたび、恋心にも似た感情を、抱いてしまうのです。

    トキメいてしまうとでもいいましょうか。

  • ムーミンは30cmなんだろうか・・・・(-ω- ) ムー

  • 隙間時間にちょこちょこと。テレビのCM中にちょこちょこと。文章量が少ないので軽く読めますが、お金出してまでは…
    ちょっと厳しいかな?(´-ω-`)

  • 2回目。
    ほむらさんの妄想がスバラシイです。
    読んでるとニヤニヤしてしまうので、あまり人前では読めませぬ。
    個人的にはウィーン少年合唱団のところがツボです。
    何度読んでも笑ってしまう。

全150件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

穂村弘(ほむら ひろし)
1962年、北海道生まれの歌人。1990年歌集『シンジケート』でデビュー。その後、短歌のみならず、評論、エッセイ、絵本、翻訳など幅広い分野で活躍中。2008年『短歌の友人』で第19回伊藤整文学賞、『楽しい一日』で第44回短歌研究賞、2017年『鳥肌が』で第33回講談社エッセイ賞、2018年『水中翼船炎上中』で第23回若山牧水賞をそれぞれ受賞。歌集に『ドライ ドライ アイス』、『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』、『ラインマーカーズ』。その他代表作に、『本当はちがうんだ日記』『絶叫委員会』『世界音痴』『整形前夜』『蚊がいる』『短歌ください』『野良猫を尊敬した日』など著書多数。

にょっ記のその他の作品

にょっ記 (文春文庫) Kindle版 にょっ記 (文春文庫) 穂村弘

穂村弘の作品

ツイートする