にょっ記

著者 :
  • 文藝春秋
3.66
  • (72)
  • (118)
  • (161)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 707
レビュー : 150
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163247403

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 穂村弘さんの日記風エッセイです。
    個人的には、8月2日のお話が特に印象的でした。

  • 2006-03-00

  • 1巻に遡っても天使の謎が分からないではないか。おっさんの日記で癒される日々。

  • あっという間に読了。面白くて声を出して笑った。ちょっとリラックスできたような気がする♪続きも読みたい。(天使ってだあれ?)

  • 「どきっ」とさせられる。ふいに。
    すごくおかしくて思わず笑ってしまう。ふいに。

  • 穂村さんの作品は初めて読みましたが…いやー面白いですね!心が暖かくなります。でも気になったのが天使って何者?天使とのお話好きだったんですごく気になりました…。あと、ごめんなさい、うこんの話にすごく共感してしまいました(笑)

  • 今からジャニーズの一員になることがあろうかと考えたり、電車で武将OLに出会ったり。俗世間をイノセントに旅する歌人・穂村弘が形而下から形而上へ言葉を往還させながら綴った“現実日記”。ほんのり笑って、時に爆笑。フジモトマサルのひとこまマンガ+カットでニヤリもプラス。長嶋有・名久井直子ペアの「偽ょっ記」収録。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。
    「BOOKデータベース」より

    やっぱり何日かに1回の日記にプッと吹き出す.これは止まらない.

  • "スリープモードがこわい。
    スリープモードにセットした音楽が、眠る前に切れてしまって、ああ、まだ眠ってないのに、と思って焦るのがこわいのだ。"[p.77_10月9日スリープモード]

  • 日記形式の面白ネタ(?)集。どれも短くて(中にはつぶやき程度のも)サクサク読める。「『お~いお茶』の謎」とか「大富豪のビスコ」とか、妄想系のが好き(いやほとんど妄想なのかもしれないけど。現実との境界が分からない)。あと、個人的趣味で「武将OL」もいいね。ヒグラシの鳴き方と日本三大珍味とイチローの背番号は調べちゃったよ(笑)。フジモトマサルさんの絵もいい(イタチか何かかと思ったらヤブイヌらしい)。

  • 2016/04/06 読了

全150件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

穂村弘(ほむら ひろし)
1962年、北海道生まれの歌人。1990年歌集『シンジケート』でデビュー。その後、短歌のみならず、評論、エッセイ、絵本、翻訳など幅広い分野で活躍中。2008年『短歌の友人』で第19回伊藤整文学賞、『楽しい一日』で第44回短歌研究賞、2017年『鳥肌が』で第33回講談社エッセイ賞、2018年『水中翼船炎上中』で第23回若山牧水賞をそれぞれ受賞。歌集に『ドライ ドライ アイス』、『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』、『ラインマーカーズ』。その他代表作に、『本当はちがうんだ日記』『絶叫委員会』『世界音痴』『整形前夜』『蚊がいる』『短歌ください』『野良猫を尊敬した日』など著書多数。

にょっ記のその他の作品

にょっ記 (文春文庫) Kindle版 にょっ記 (文春文庫) 穂村弘

穂村弘の作品

にょっ記を本棚に登録しているひと

ツイートする