風に舞いあがるビニールシート

著者 :
  • 文藝春秋
3.58
  • (272)
  • (450)
  • (732)
  • (69)
  • (15)
本棚登録 : 2654
レビュー : 556
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163249209

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2017.5.24(図書館).

  • 先日「みかづき」を読んで、私の中で今年のナンバーワン本だなと思ったが、こちらの本の方がさらに素晴らしかった。
    それぞれの話が深くて濃厚。
    その世界を極めた達人にしか書けないような話が、ジャンルを超えて何篇も書かれていることにびっくり。
    表題作はもちろんダントツだが、仏像の話や、レポート代書の話も印象的だった。

  • 正確には評価3.5。
    全6編の短編集。最初は意地悪な女性の話で、ページをめくる度にイライラ募って読むのを止めようと思うほどだった。
    しかし、その後の5編は犬や職人、難民問題と個人的に興味があるテーマばかりだったので読み進むことができた。
    もっとも印象に残った感想は「この作家は一つひとつのテーマに関してよく勉強している」ということ。1冊で複数のテーマがある短編だけに、その努力が伝わった。
    ただし、細かいところを掘り下げていくと、年下だが取引先の社員に対して説教をはじめたり、トラウマが曖昧だったりと共感できないストーリー展開が気になった。
    実力が上がったと思われる最近の作を読みたい。

  • 2017/2/24

  • 図書館本。読了。「大人」と呼ばれる人達の隠された熱き思いを軸に展開する短編集。どれもよかったが、「守護神」「鐘の音」が好み。

  • タイトルに惹かれて。良かった!「守護神」ニシナミユキにレポートの代筆を頼んだら、代筆は断られたけど二宮金次郎のストラップをもらえた。「鐘の音」仏像の修繕。壊れた小指をプラモデル用のボンドでくっつける。「ジェネレーションX」十年のうちでたった一日、みんなで草野球ができない人生なんてごめんだ。「風に舞い上がるビニールシート」難民キャンプでは、人の命も尊厳も幸福も、ビニールシートのように軽々と舞い上がって飛ばされていく。エドは、ビニールシートを引き留めようと手を伸ばし続け、そしてアフガンで命を失った。

  • 短編集6編。ジュルナイブ(DIVE!,ランとか)と、アンソロジーでしか読んだ事のない作家さんだったんだけど、面白かったので普通の小説も読んでみようと思う。

    ・器を探して
    前半、誰もが逃げ出してしまう、代わりがいないと語る仕事ぶりに共依存っぽいなという感じがした。一度無理やりにでもひっぺがして頭冷やした方がいいんじゃとハラハラしてたら、ラストで風向きが変わる。嵐の予感!!ってかそこで切っちゃうのか!ってか。器を持ち帰る彼女の顔ってどうなってるんだろうと想像。

    ・犬の散歩
    街頭の献血募集の前を素通りする時、「あなたの募金で救える命がある」と広告を見たりする時、後ろめたいような関わりを持つことが怖いような気がしている。ので彼女の気持ちが分かる気がするなぁと思ったし、一歩踏み出した彼女が偉いなあと素直に思う。いい話で幸せな話。

    ・守護神
    懐かしいな!というのが最初の感想。そうそう、大学の時ってこんな感じだった。要領が悪い所も同じか。やろうと思うといくらでもやれるし、押さえるべき文章を抜かしていないか自信がないからウロウロ前後して進まなかったりするんだこれが。ニシナミユキのストラップが芥川の蜜柑みたいだなと思った。

    ・鐘の音
    読んだ後、「不空羂索観音」と「准胝観音」を検索して少し賢くなった気になる。似ているような似ていないような。執着と陶酔で自分を追い詰めていく所は、ハイになる感じに似てるのか。分かるような分からないような。欲が抜けて清々したラストはいいんだけど、別に鐘は無理にひっかけなくてもよかったかなとも思った。

    ・ジェネレーションX
    持っていたことを忘れていた宝物が、ある日目の前に現れたような短編。前後の小説が重いので曇天の晴れ間みたいだなあと。カレーの残りとかうちでも昔あったあった。常識的な社会人、よき家庭人であることに疲れた時に効きそうかなぁと思った。

    ・風に舞いあがるビニールシート
    タイトルだけ見て最初ポエム?と思ったが、一読してから改めて見ると全然違う。比重は世界的な難民問題じゃなく個人的な恋愛問題なんだけど。
    彼女が彼の遺志を継ぐことにしたのって、助けた難民の中に彼の人生が息づいてるからかなぁ、彼が命懸けで掴んだビニールシートの希望を絶やしたくないからかなぁ、彼が死んで初めて彼に近づけるようになったからかなぁ、と分かるようでそれだけじゃなかろうな彼女の気持ちをつらつら考える。ドラマ化もしていたらしいので見ればよかった残念。

  • 表題作を含む6編の短編集。

    ・器を探して 3+
     最後はあっけないけど、後は余韻をどうぞ!って事かな。

    ・犬の散歩 2
     所詮は専業主婦のお遊びだね!

    ・守護神 3+
     社会人学生のカウンセラー的存在「ニシナミユキ」
     「違う。あなたは自分というテキストの解釈を誤っているわ」本文より

    ・鐘の音 4
     仏像修復師の潔。
     不空羂索観音像の修復をめぐって、師 松浦との確執が。
     物語は思いもよらぬ展開をみせる。

    ・ジェネレーションX 3+
     これぞ 男の仕事!

    ・風に舞いあがるビニールシート 4
     「…この地球から難民がいなくならないかぎり、エドは絶対に今の仕事をやめたりしないのよ。そしてこれも誓えるけど、世界が今のまま機能しつづけるかぎり、難民は決してこの地球上からいなくならないの。」
     「仮に飛ばされたって日本にいるかぎり、君は必ず安全などこかに着地できるよ。どんな風も君の命までは奪わない。生まれ育った家を焼かれて帰る場所を失うことも、目の前で家族を殺されることもない。好きなものを腹いっぱい食べて、温かいベッドで眠ることができる。それをフィールドでは幸せと呼ぶんだ」
    本文より

    3+

  • 全6編の短編集。
    どれも印象の異なる話でしたが、全話に共通しているのは「思い入れ」かなと感じました。
    ほっこりするもの、爽やかなもの、悲しいもの、そして狂気を覚えるもの・・・
    共感できるものもあり面白く読むことが出来ました。
    6編全ての主人公の職業がばらばらで、ですが内容が薄くならず「こんな仕事もあるなだな」という視点からも面白く読めました。
    以下は短編ごとの感想。

    ・器を探して
    最も共感できた話です。
    主人公の女性の密かで静かな狂気にゾクっとし、そして自分に似ている部分があり共感できたのが大きな理由です。
    途中までは、仕事と恋愛(結婚)との板挟みで悩む女性の話かと考えて読んでいました。理不尽でわがままな社長に振り回される毎日に不満もある、しかし、仕事にやりがいもこだわりもある。約束が反故になった彼からの連絡の対応も億劫になってきて・・・
    おやと思い始めた、というか私がようやく気付いたのがラスト12ページほどの頃。どちらかといえば”被害者”のような立場だと考えていた主人公の狂気が少しづつ現れだし、ラストで背中がゾクッとなりました。
    自分の中で立場は完全に逆転。面白かったです。
    陶器好きなので、瀬戸黒にも非常に興味を持ちました。

    ・犬の散歩
    捨て犬を保護するボランティアをする女性の話。
    牛丼=尺度という解釈や、この考えに対する主人公の思いがとても繊細に描かれていて良かった。

    ・守護神
    この話もすごく好きです。明るくストレートな物語といういう印象。
    ラスト、なんて可愛いやつなんだ裕介・・・なんてイイ奴なんだニシナミユキ・・・と思わずきゅんとしてしまいました。
    本への思い入れが強く羨ましいなと感じました。
    社会人学生の大変さも知ることができ面白かったです。

    ・鐘の音
    仏像修復士の話。主人公の本島潔は、器を探しての弥生とよく似ているなと感じました。
    執着、こだわり、献身さーー
    ただ、弥生とは異なり非常に彼は不器用で、挫折を味わい、葛藤します。
    数年後に工房に訪れた彼が幸せそうで何よりでした。

    ・ジェネレーションX
    楽しく爽やかな話でした。石津君、ただの軽いやつかと思ってたら、めっちゃイイ奴やんか・・・青春やな~~いいな~~~と、私も部活時代を思い出しニヤニヤしながら読みました。いいなあ。”10年後の約束”。
    野田さんもイイ・・・!
    ラストは、「おいヒラターーー!」と、思わずツッコミを入れてしましました。

    ・風に舞い上がるビニールシート
    里佳は、ごく普通の、普通の感覚の女性なのだ。
    愛する夫と一緒に過ごしたい、帰ってきた夫に安らいでほしい、子供が欲しいーー

    日本だけでなく平和な国で暮らす多くの人々にとって、実際に目の前で起こっていない、自分とは直接関係のない”難民”や”戦争”は、日々流れていくニュースの一部でしかないのだろう。
    けれど実際にそれを目の当たりにしてしまった、関わってしまったエド。
    「風に舞い上がるビニールシートが後を絶たないんだ」
    その悲痛な言葉は、読み終えた今も胸に刺さっています。

    彼の死後、彼との日々を振り返り、彼の死の瞬間を知り、そして彼の過去を知り、
    どうにかならなかったのか、別れる前にもっと分かり合えたんじゃないのか、もっと彼と心安らぐ日々を過ごせる方法があったんじゃないのか、
    少しで、小さくていいから、罪悪感なく彼が自分の、家庭での幸せを掴める方法があったんじゃないのか

    けれど、そんな小さな幸せも簡単に吹き飛ばしてしまうのが理不尽な戦争なのだろうなと悲しくなりました。
    もうすぐ桜の季節。今年も来年も何十年後も、のどかに、そののどかさを共有できる家族や友人と一緒に過ごせますように。

  • 生き方を考えさせられる本。6本の短編が収録されている。どれもいい話である。忘れていた感情や忘れてはいけない気持ちに気がつかせてくれる。表題作の「風に舞い上がるビニールシート」は2006年上半期の直木賞受賞作品。この作品は自分の心をえぐるように入ってくる作品。愉快に読める話ではないが、作品としてすばらしい。この他に気に入った作品は「犬の散歩」「守護神」「ジェネレーションX」。自分の生き方について考えさせられる。

    以下、個別作品の感想。

    ◎器を探して
    私がよく知る岐阜県多治見市での器探しの物語。スイーツを撮影するために、それを乗せる器を探す。クリスマスイブに東京から出張を命ぜられ、恋人との重要な約束を果たせなくなってしまう。シチュエーションだけでもドキドキしながら読める。そして、スイーツに映える器に出会うまでの話は、新しい恋人を見つけるかのよう。偶然の出会いが必然と思ってしまうのは、器探しが恋愛と同じであることを暗に示している。結末はもう少し先まで物語を進めてもよかったのではないかと思う。前菜だけ食べて終わったみたいな感じだ。そこだけが物足りないところ。

    ◎犬の散歩
    えぇ話や。読んでいて涙が出そうになった。犬を飼っている人ならこうなってしまう気持ちを理解してもらえるだろう。ええ話である。

    ◎守護神
    最後の方で明らかになる登場人物の背後にあるストーリーに瞠目した。格好いい生き方だなあと。元気をもらえた。これもええ話である。

    ◎鐘の音
    不空羂索(ふくうけんじゃく)という仏像と交わるシーンが印象的な物語。

    ◎ジェネレーションX
    石津の生き方が格好いい。格好悪いように見えるけど格好いい。

    ◎風に舞い上がるビニールシート
    風に舞い上がるビニールシートはどこかに飛んでいって消えてしまう命を表現している。地球上にははかなく奪われる命が、今もどこかで散っている。誰かかがその命をきちんと見なければいけない。誰かがその命が飛ばないように押さえないといけない。難民を救う仕事に携わる命のストーリー。心をえぐられたような読後感だった。

全556件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

森 絵都(もり えと)
1968年、東京都生まれの小説家、翻訳家。早稲田大学第二文学部文学言語系専修卒業。
1990年、『リズム』で第31回講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。2003年『DIVE!!』で小学館児童出版文化賞を受賞し、同作は2008年に映画化もされた。2006年、短編集『風に舞いあがるビニールシート』で、第135回直木賞を受賞。
その後も活躍を続けており、2017年『みかづき』で第12回中央公論文芸賞を受賞、2017年本屋大賞2位。同作は2019年にNHKでドラマ化された。それ以外にも、多数の文学賞を受賞している。

森絵都の作品

ツイートする