灰色のピーターパン 池袋ウエストゲートパークVI (池袋ウエストゲートパーク (6))

著者 :
  • 文藝春秋
3.48
  • (100)
  • (160)
  • (440)
  • (14)
  • (2)
本棚登録 : 1260
レビュー : 170
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163250304

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 特別な感情移入があるではなく、無感想なわけでもなく。綺麗に飾り立てられているわけでもないけど、それでいてエンディングは心地よいという。
    時間をかけずに読むのにぴったり。それを短編でやれるというのが、彼の才能か。

  • 池袋は安全で清潔なネバーランドってわけじゃない。
    盗撮画像を売りさばく小学5年生がマコトにSOSを発してきた。
    “まだ人を殺してない人殺し”マッドドッグ相手にマコトの打つ手は?

    IWGPシリーズ6作目。

  • 池袋は安全で清潔なネバーランドってわけじゃない。盗撮画像を売りさばく小学5年生が、マコトにSOSを発してきた。“まだ人を殺してない人殺し”マッドドッグ相手にマコトの打つ手は?街のトラブルシューターの面目躍如たる表題作など4篇を収録したIWGPシリーズ第6弾。

  • 引き続き再読のIWGPシリーズ。
    「灰色のピーターパン」…盗撮映像を売っている名門小学校に通うミノルとそれをネタに強請ってきたOBマッドドック・丸岡。この丸岡ってやつがジャンキーで頭のおかしいやつ。サルの協力でぼったくりバーに嵌めるところはなんか爽快。クリスマス前のマコトと小学生ミノルの友情のお話。
    「野獣とリユニオン」…未成年強盗犯とその被害者ツカサのお話。ツカサの妹チヒロが復讐を依頼してくる。強盗犯・音川の背後には四人組の悪い奴ら。加害者と被害者の複雑な関係。ツカサはすごく大人だなあと思った。春の、とても感動的な二人のお話。
    「駅前無認可ガーデン」…無認可保育園の園長・元Gボーイズの王様シンジ。そこで働く見習い保育士・テツオの潔白を証明するお話。テツオの純粋な気持ちがなんかいいなあと思った。とても心の優しいひと。梅雨の時期の何だかあたたかいお話。
    「池袋フェニックス計画」…都副知事の風俗街浄化作戦・池袋フェニックス計画。池袋から人が消えた。音大生イクミとホストクラブにはまったイクミの姉・カズミ。マコトがすごく活躍する。礼にいや吉岡の警察サイドも絡んでくるしタカシやサル、ゼロワンも出てきてなんかオールスター勢揃いって感じのお話。何よりかっこよかったのが、コウイチがマコトと間違えられて刺され、マコトがタカシに飛び切りのボディガードを頼むって言ったら、そうなると、おれをふくめてあと三人だなって答えたときのタカシ。思わず、うぉーかっこいい!と声が出た。すごく爽快感のあるお話だった。秋のマコトとフェニックスの戦いのお話。読み応えあった。

  • タイトルがよかったのに
    印象が薄い作品でした。

  • どうでもいいけどマコトっていったい何歳だ?

    灰色のピーターパン
    →ドラッグの危険性はよく分かる+小学生半端なぁ

    野獣とリユニオン
    →人と人の和解って難しい。社会学的にもねぇ

    駅前無認可ガーデン
    →本当に人を見た目で判断しちゃいけない。
    最後まで真実を追いかけろ。

    池袋フェニックス計画
    →文化も多少風紀の乱れから起こる。
    そんなもんだよ。

  • 2013年1月

  • 〈内容〉盗撮映像売買で恐喝されるハメになった小学生、足に障害を負った兄の敵を討つために復讐を誓うブティック販売員、幼児誘拐事件に巻きこまれた園児救出劇。トラブル続きの“ネバーランド”を描くシリーズ第6弾。

  • 表題の通り、grayにこだわった作品。
    「すべての薬は毒だ。しかし使い方によって効果を発揮する」
    フェニックスの話しが、タカシ、サル、吉岡、横山、Gボーイズ、ヤクザ、風俗、ホスト、警察、政治、グレイゾーンがすべて総動員されていて一番楽しかったです。

  • ☆☆☆$$やはり面白い。テーマも良いし、スタイリッシュ。$$文庫を集める予定。

  • 灰色のピーターパン:パンチラ映像をネット販売する小学生のミノル。上級生に脅されるのを助けてほしいという依頼。サルの力を借りて借金を背負わせて追い出すことに成功
    野獣とリユニオン:兄の足を壊した男に復讐を依頼するチヒロ。けれど加害者もまた虐められた挙句の犯行だった。音川を許し、新しい道へ踏み出したツカサとチヒロ兄妹。
    駅前無認可ガーデン:先代のキングは無認可の保育所を開いている。そこで働くテツオにロチコン疑惑。真犯人を見つける誠
    池袋フェニックス計画:副知事のアイデアで風俗の一斉摘発がおこなわれ、池袋の町はとんでもないことになる。その中で摘発されない店と副知事の関係を暴く

  • 自分の中でのオールタイムBEST、何の疑いも無く、安心して読める作品になってしまった今では、作品ひとつひとつに対して特別な感想は持たない。読者とはなんと傲慢なものなのか。今度は本当の探偵や警察官になった真島誠の作品が読んでみたいと思うようになっている。

  • 警視庁と暴力団と風俗店とギャングと政治家の陰謀、そしてそれらと共存する一般市民。トラブルシューターマコトが、更にパワーアップしているような。クラシック音楽を用いたサブストーリーも粋。

  • 図書館で借りました。こんな最新刊もあるんだ~と感心。いつもは文庫版買ってます。どうでもいいけどまだ5の文庫出てないなあ… 早く出ないかな。

    石田衣良氏の作品を初めて読んだのは『池袋ウエストゲートパーク』です。確かテレビドラマが終了して大分だった後だと思います。テンポが良くて。それなりに汚かったり、きれいごとだったり、楽観的だったりしますがキャラクターの魅力とテーマの良さ、で引き込まれました。まあ女性にはタカシは人気でしょう。かっこいいもんねえ。そんなこんなでこのシリーズは全部読んでます。他の石田氏の作品も何点か読んだことはありますがやっぱり池袋西口公園がすきかな。うん。

    余談ですが池袋と言う町もずいぶん変わりましたよねえ… 自分が当時良く通っていた頃(大笑い。確か…もう10年くらい前)はそれこそ風俗店の呼び込みが昼夜を問わず…で。一本裏に入ったらそれこそ風俗真っ只中、って感じだったんですが。今は作中にもありますがアニメのキャラクターの看板とかが目につきます。乙女ロード… 有名なんですねえ。オタク女は平日は出歩かない。う~ん。確かに。まあどっちがより健全かは分かりませんが。まあどっちが良い、悪いではないんでしょうね。灰色、と言うことで上手くオチがつきました。

  • 【概要・粗筋】
    誠が盗撮写真で金を稼ぐ小学五年生ミノルをマッドドック丸岡から守る表題作、ある強盗傷害事件の被害者と加害者の再生を描く「野獣とリユニオン」、誠がGボーイズの先代キングからの依頼で知恵遅れのテツオと共に幼児性愛者を負う「駅前無認可ガーデン」、池袋の風俗街に対する大規模な摘発を誠が阻止する「池袋フェニックス計画」の四編を収録するIWGP第六弾。

    【感想】
    IWGPは作を重ねる事にどんどん退屈になり、印象が薄くなってくる。「野獣とリユニオン」以外はさほど面白いとは思えなかった。表題作はなぜ表題作になったのかわからないぐらい出来が悪い。ミノルが薄ぺっら(ちょっと賢い程度の男の子)だし、誠との交流もさほどない。マッドドック丸岡も頭がおかしいってだけでたいしたことない。

    唯一「野獣とリユニオン」はよかった。外出先にもかかわらず、涙ぐんでしまった。

  • 灰色くらいがちょうどいい…ちょっとは汚れて生きてみよう!

  • 和図書 913.6/I72
    資料ID 20101043197

  • 6作目にして、久々の色恋。

  • このシリーズはストーリーが分かりやすくテンポがよいのでどんどんと読み進めてしまいます。
    また登場人物の描写も丁寧ですからストーリーに引き込まれやすいです。
    毎回起こる事件は時事ネタが元になっているためストーリー全体が引き締まるうえに、そこに人間の愛情や友情といったドラマが入り込んでくるのでただのドキュメンタリー小説では終わらず懐の深い作品となっています。

    結構好きなシリーズ作品です。

全170件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

灰色のピーターパン 池袋ウエストゲートパークVI (池袋ウエストゲートパーク (6))のその他の作品

石田衣良の作品

灰色のピーターパン 池袋ウエストゲートパークVI (池袋ウエストゲートパーク (6))を本棚に登録しているひと

ツイートする