私の男

著者 :
  • 文藝春秋
3.56
  • (468)
  • (720)
  • (912)
  • (208)
  • (59)
本棚登録 : 4616
レビュー : 984
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163264301

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とても重くなり、私にとっては非現実的なお話だったけど二人の関係性はどこかジッと見つめたくなって、一気に読みました。

  • 北国の冬のように、静かで重い寒々しさが全体に漂う文章です。花と淳悟の二人だけのじっとりとした世界が読んでいるだけで息苦しくなり、薄気味悪さすら感じますが、それでも気になって先を読んでしまいたくなります。
    時系列が逆に進んでいく構成のため、最初に花と淳悟の末路が描かれています。だからこそ、終章で二人が出会ったばかりの頃が描かれると、その切なさが一際立っていると思います。まだ若々しかった淳悟と決して彼から離れはしないだろうと思う花の希望にあふれた場面での終わりが印象的でした。

  • ひたすら嫌な気持ちになって、それでもそのパワーから目が逸らせなくて、読みきってしまった。
    囚われていたのはどちらで、被害者はどちらなのか、愛は歪んで気持ち悪くて、それでもこれは何らかの愛なのだと私は言わざるを得ない。
    だって、高みの見物を決め込んだ私だって、形は違えどどこにも捨てられない死体のような感情を抱えている。

  • 図書館で借りた本。時系列が逆の構成になっている内容で各章ごと違う人の目線で書いてある話で、主人公の男女の成り行きまでも分かる。殺人事件あり近親相姦ありの話ながらもそこまで泥臭く感じなかったのは、最初の章の主人公達のあっけらかんな関係な所かな。嫌いではない本。

  • 映画を観てから、読んだ。

    時代がさかのぼっていく構成。
    冒頭からぐいぐい引き込まれた。ストーリーを知っているはずなのに。
    映画には描かれていなかった部分や、二人の心の内が紐解かれている。

    なぜ、孤児になった花が、養父の淳悟に慣れたのか。彼女が震災で家族を失う前の日々。ずっと孤独を内に抱えた花が、誰かに求められ、居場所と思えるところを見つける。また、意外と早くに淳悟との真実の関係を知る。そして、知ってから、まだ幼いのに、関係が始まる。
    淳悟の生い立ち。母性への渇望。

    花は「生きろ」といった父を、自分を残して本当の家族だけで死んだ家族を憎み、淳悟は母を求めながら、強く憎んでいる。

    淳悟の生い立ちの物語をもっと知りたくなる。
    異常だから。
    制服を着た花を笑うあたり、小児性愛を持つ男ではない。
    それが、9歳の花と。

    現実的に考えると、気が狂いそうなほど、異常性と嫌悪感を覚える。

    淳悟は海で死んだのだろうか。

    彼の人生と、彼の母の人生を、読後も考えてしまう。

  • 2017.5.30

  • 嫌悪感が強いなぁ。
    これじゃあ淳吾のマザコンの埋め合わせをする為に花の実母が利用されたみたいでこの辺りのことがどうしてこうなったか気になった。
    子供は大人から世界がこうだと見せられればそれがどんなものでも適応するからね。
    ちょっと源氏物語⁈
    花が20代前半で関係を終わらせたけど、この後もあの関係が続いていたらホラーだな

  • 1/452

  • あいしてやまない一冊

  • 映画を観てから読んだ。
    震災孤児の花と若くして養父となる淳吾の、決して離れられない父娘の物語。
    映画とは違い、時系列が過去へと遡っていく。
    原作の方が、出会った時の無垢な愛情で終わるのでハッピーエンド感があって好き。

全984件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

桜庭 一樹(さくらば かずき)
1971年、島根県生まれの小説家。
1999年「夜空に、満点の星」で第1回ファミ通エンタテインメント大賞小説部門佳作を受賞しデビュー。
『赤朽葉家の伝説』で第60回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編部門)、『私の男』で直木賞を受賞。他の代表作に『GOSICK -ゴシック-』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』『赤朽葉家の伝説』などがある。
ゲームのノベライズやライトノベル作品や、山田桜丸名義でゲームシナリオを手がけるなど幅広く活躍している。

私の男のその他の作品

私の男 (文春文庫) 文庫 私の男 (文春文庫) 桜庭一樹
私の男 (文春文庫) Kindle版 私の男 (文春文庫) 桜庭一樹

桜庭一樹の作品

ツイートする