彼女について

  • 文藝春秋
3.53
  • (86)
  • (172)
  • (231)
  • (40)
  • (9)
本棚登録 : 1143
レビュー : 242
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163275802

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 共感できるし、ばななさんらしく表現が優しい。

    でも後半の話の転は唐突でこれまでの気持ちの積み上げが一気に壊れた感じであっけなさだけでした。
    ちょっと残念。

  • ひさしぶりに ばななさんの新作を読みました

    あとがきにもありましたが つらいファンタジーでした

    ばななさんの描く物語は ますますつらいものがたりになっていっているなぁ


    今回のものがたりは いままでなかった どんでんがあって 驚いた

    でも それも ばななさんの世界の一部で ほっとした

    ところどころ 人生のだいじなことが かかれて いた



    いつも ばななさんが描く ものがたりの 主人公になりたいと おもう

  • 読みはじめから居心地の悪さを感じながら読み最後の展開にぞっときた。
    今内容を思い返しても背筋がぞっとする。
    優しいお話、なのかなぁ。
    怖くて二度は絶対読めない。

  • よしもとばななを読むと絶対に思い出す子がいて
    今はその子と絶縁状態にあるんだけど
    僕はどうにかしたくって
    そんな今、題名がいかにも彼女みたいな感じがしたから手にとった本

    主人公の名前が読みで一文字違いなのはびっくりしたわ…(漢字は違うけどさ)

    とはいえ主人公と彼女は全然違うんだけどね
    でもなんとなくやっぱり彼女みたいで不思議な感じ
    スピリチュアルって言うのかな?
    ばななさんの作品は僕には無い世界で
    だけど彼女側の世界みたいでいつもいつも彼女を思い出すんだ

    早く仲直りできたらいいのに
    難しいかな…

  • 読書好きの友人のおすすめで読んでみた

    時間がなくても すいすい読めた

    むずかしいことは書いてないと思う
    ふだんから きっとみんなが感じてること

    命や 生活について 
    家族や 恋人への想い 
    エネルギー

    キャンドルをともして過ごすような1日も大切だ
    と思って
    ステキなキャンドルを探しにいこうと思う

     

  • 結末にびっくり!
    恋愛要素は別にいらなかったかな。

  • 読了後、ぶわっと涙が溢れた
    読んでる途中はそんなことなかったのになぁ
    よしもとばななさん
    本当に心の優しいかたなんだなぁって
    あとがき読んで泣いてしもうた
    なんだか、素直に生きようと思いました。
    今回も素敵な本に出会わせてくれてありがとう。

  • 従兄弟の昇一が尋ねて来てくれた。私の過去を巡るための休日をとってくれたという。魔女だったという母と叔母。母は昔に悲惨な死にかたをした。そして、叔母も最近死んでしまったという。昇一と一緒に過去を巡る旅にでる私。そして、私はようやく思い出したのだ。私は…だということを。

  • 由美子が悲しかった。でも、読後感はそんなに悪くなかったった、由美子の人生みたいに。人生にはいいことも悪いこともたくさんあるけど、ベストをつくしていればその人を裏切らない程度の充足した人生になるのかもしれない。そして、何気ない毎日にこそ幸せがあることを由美子と昇一は教えてくれた。ずっと真っ白なままでいた由美子は悲しいけど、素敵だ。昇一が来てくれるのを待っていたのかもしれないな。目が覚めたときの昇一が少し心配だけど。

  • 2018/3/20

    とても不思議な話だったけど、そのストーリーよりも、主人公が思うことと、それを表現する言葉がすごく好きだった。自分の中にもある感情はこういう言葉で伝えることができるんだって思った。
    それから、こんな救われ方が本当にあるって信じたいな。

全242件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

吉本ばなな(本名:吉本 真秀子 よしもと まほこ、旧筆名:よしもと ばなな)
1964年、東京都生まれの作家。日本大学芸術学部文芸学科卒業。卒業制作の「ムーンライト・シャドウ」が日大芸術学部長賞を受賞。また「キッチン」で第6回海燕新人文学賞を受賞、デビュー作となる。
1989年『TUGUMI』で山本周五郎賞を受賞。1996年イタリアのフェンディッシメ文学賞(35歳以下部門)、1999年イタリアのマスケラダルジェント賞文学部門を受賞。2000年『不倫と南米』でBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。その他代表作に、映画化された『アルゼンチンババア』などがある。
海外での評価が高く、著作が多くの国で翻訳されてきた。

よしもとばななの作品

ツイートする