彼女について

  • 文藝春秋
3.53
  • (86)
  • (172)
  • (231)
  • (40)
  • (9)
本棚登録 : 1143
レビュー : 242
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163275802

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • たまによしもとばななの本を読みたくなる。精神的に落ちてる時なんかに。

    よしもとばななの作品には、根源的な癒しの要素がある。

    ラストは泣いた。
    泣くことによって、ちょっとこころの荷物が軽くなったかもしれない。

    イチオシの小説だと思う。

  • なんで分からないけど読み終わると涙がでてる。自分が生きる意味について考える。
    引用 - 抱きしめられたこと、かわいがられたこと。それからいろいろな天気の日のいろいろな良い思い出を持っていること。おいしいものを食べさせてもらったこと、思いついたことを話して喜ばれたこと、疑うこともなくだれかの子供でいたこと、あたたかいふとんにくるまって寝たこと、自分はいてもいいんだと心底思いながらこの世に存在したこと。少しでもそれを持っていれば、新しい出来事に出会うたびにそれらが喚起されてよいものも上書きされて塗り重ねられるから、困難があっても人は生きていけるのだと思う。土台なのだから、あくまでもそれは上になにかを育てていくためのものなのよね、きっと。

  • 残酷ながらも幸福な物語だなぁ、と思いながら読んでいたら衝撃のラストにびっくり。

    「となりにいる人にちょっとしたことをその場でしゃべれるのはいい。そう思った」
    という一文が好き。

    ばななさんは、さりげない描写が秀逸だなぁと思う。

  • よくよく考えると恐いお話なのに、なんだか力が出てくるような強いお話。
    双子の魔女のそれぞれの娘と息子が、過去に向き合う小旅行に出る。旅の途中であちこち違和感に襲われる彼女には、意外な真実が隠されていた。

    ラストは、想像がつかなかった。
    書き方によっては悲しかったり怖かったりするんだろうけど、カラリと爽やかで、どこか少し寂しい感じ。
    よしもとばななさんの作品は、いつも小さい世界
    が大きく感じて、何か新しいことが出来そうな気持ちになる。だから好き。

  • 主人公の女性が幼馴染の従兄とともに、今まで目を背けていた過去を巡っていく物語。
    地に足がつかないようなフワッとした雰囲気のお話。

  • なんか家にあったので、読んでみました。
    ベースになった映画ダリオ・アルジェントの『トラウマ』、と言われてもさっぱり・・・

    ちょっと納得いかない展開ではあったけど、そこそこ楽しめ、温かい気持ちにもなったので、読んでみてよかった。

  • 小さな光がだんだんと広がって…と思いきや突然ぐいっとねじまげられて、光だったのか闇だったのか分からない妙な気持ちになって、でも最後にはあたり一面光、みたいな、そんなおはなし。
    ホ・オポノポノが関係してるだなんて、全くわかんなかった。

  • ストーリーはとてもえぐいのだけど、
    よしもとばななさんの文章がとても心地良い。
    でも、なにか違和感があって、ふわふわとストーリーが進んでいった。
    そして最後にドスンと落とされて、気持ちをどこに向けたらいいかわからなくなった。

    ばななさんの文章って 「ふわふわ」ってことばがぴったりだ。

  • 相変わらず丁寧。

    相変わらず特殊な状況の人が。

    想ってくれる人がいるって素敵。

  • 「さあ、いっしょに食べよう、この同じ素材で体を創っていこう、続けていこう、という味だ。」物語の中で一番気に入ったフレーズ。

全242件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

吉本ばなな(本名:吉本 真秀子 よしもと まほこ、旧筆名:よしもと ばなな)
1964年、東京都生まれの作家。日本大学芸術学部文芸学科卒業。卒業制作の「ムーンライト・シャドウ」が日大芸術学部長賞を受賞。また「キッチン」で第6回海燕新人文学賞を受賞、デビュー作となる。
1989年『TUGUMI』で山本周五郎賞を受賞。1996年イタリアのフェンディッシメ文学賞(35歳以下部門)、1999年イタリアのマスケラダルジェント賞文学部門を受賞。2000年『不倫と南米』でBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。その他代表作に、映画化された『アルゼンチンババア』などがある。
海外での評価が高く、著作が多くの国で翻訳されてきた。

よしもとばななの作品

ツイートする