彼女について

  • 文藝春秋
3.53
  • (86)
  • (172)
  • (231)
  • (40)
  • (9)
本棚登録 : 1143
レビュー : 242
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163275802

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 双子の魔女の母親を持つイトコ同士がトラウマを克服する旅に出る。
    現実世界の嫌なところをファンタジーの世界に投影しているかんじ。
    魔術は宗教の類? 言い方を変えて同じことを何度も話す会話がくどかった。

  • この手のものが苦手なのでぞわっとした。まさに悲しいファンタジー…うーん。現実味がなさすぎて突拍子もなさすぎてついていけなかった感じ。

  • うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん・・・・・・・・・(;一_一)

  • 魂の救済。
    設定がそもそもぶっとんでいて、世界観に入り込めず・・・。
    よしもとさんの作品は好きなのに。残念。
    もう一度読めば違うのだろうか・・・。

  • 気軽に手にとって読み始めたが、とてつもなく重いものを背負った主人公の魂の再生の話だった。つらいのに、どこか優しいストーリー。吉本さんらしさが滲み出ていました。

  • ■ばななワールドだね。不思議な感じの。母が魔女で残虐な事件を起こし、不思議な生き方になってしまった由美ちゃん。本当に、自分で自分の人生を作れるひとでよかった。ちょっとしたミステリーつつ、最後の展開も意外だったけど、ふわっと、不思議空間のなかにもゆみちゃんといとこの昇一の関係性も心地よくて、栃木の空気のきれいさとかキャンドルとかきれいなお花で清めるとか、要素要素が素敵だった。美味しいコーヒーを常に、飲む大人になりたいね。

  • 地に足をつけていない状態の由美子。
    それは母親が起こしたある事件のせいだった。
    彼女を救うためにやって来たのは、いとこの昇一。
    ふたりで旅をすることになり・・・。

    よしもとばななさんの物語は、ちょっとした部分で心を動かされる。
    「こういう些細なことがしあわせな人生なんだ」って思えてくる。

    おどろおどろしいようで、最後はほんわかした。

  • あーこう来たか、という結末。
    ばななワールドの心境地、とだけある作品。
    よしもとばななさんの小説はすきで、だいたい読んでいますが、これはちょっとまた変わった感じ。
    よくいえばファンタジック。
    哀しい感じがむんむんしてるのにばななさん独特の言い回し、表現でやわらかい。

    だけどあたしには期待はずれでした。

  • 向き合わないとなー。

  • 幼い頃、母親が父親を殺し、自殺するという、
    悲しい悲しい事件をかかえる彼女。。。
    ふらふらと根無し草のようにさまよい生きてる。。。
    そこに現れる幼い頃の唯一の楽しい思い出を共有したいとこ。
    そこから始まる忘れてた事件の追憶の旅。。。
    彼女達の母親は双子で魔女の教育を受けて育ったと言う。。
    その真相を探してひとつひとつの手がかりを二人はたどる。。。
    そして明らかになる真実。。


    とにかく様々な情景の描写がきれいだった。。。
    目の前にその光景が浮かび上がってくるような。。。
    生きてるからこそ見える世界のすばらしさを作者は必死で訴えてるんだな。。って。

    __このお風呂の幸せだけで十分です、
    だれかに気にかけてもらってるだけで胸がいっぱい。
    それでいいんです。それだけで。。幸せです。もう何もいらない____


    冒頭そんなことを主人公の彼女はつぶやきます。。
    ひとつひとつの言葉をかみ締めて読んでください。
    そうすると最後に真実が分かった時に素直に受入れることが出来ると思います。
    ばななさんしばらくぶりに読みましたが、作風が変わったというか、
    私の捉え方が変わったというか。。
    いつも悲しい物語が多いばななさんですが、これは。。。。
    悲しさの中に射すひかりがいやに暖かくて穏やかな寂しさが残りました。。

全242件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

吉本ばなな(本名:吉本 真秀子 よしもと まほこ、旧筆名:よしもと ばなな)
1964年、東京都生まれの作家。日本大学芸術学部文芸学科卒業。卒業制作の「ムーンライト・シャドウ」が日大芸術学部長賞を受賞。また「キッチン」で第6回海燕新人文学賞を受賞、デビュー作となる。
1989年『TUGUMI』で山本周五郎賞を受賞。1996年イタリアのフェンディッシメ文学賞(35歳以下部門)、1999年イタリアのマスケラダルジェント賞文学部門を受賞。2000年『不倫と南米』でBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。その他代表作に、映画化された『アルゼンチンババア』などがある。
海外での評価が高く、著作が多くの国で翻訳されてきた。

よしもとばななの作品

ツイートする