プリンセス・トヨトミ

著者 :
  • 文藝春秋
3.53
  • (359)
  • (796)
  • (927)
  • (191)
  • (43)
本棚登録 : 4493
レビュー : 904
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163278803

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <閲覧スタッフより>
    大阪の地名が実にたくさん出てきて、近辺の住人なら「あそこか~」と思えるような細かい描写が多々あります。さらに、舞台となっている空堀商店街は、グルメやお洒落のスポットとして人気も高まってきているまさに今アツい場所!行ってみる価値アリです♪
    --------------------------------------
    所在記号:913.6||MAM
    資料番号:20093293
    --------------------------------------

  • ダメだ、この間(鹿男あをによし)もだけど、
    万城目さんの小説で泣いてしまう。

    「これは男と男の話だから、感動するけど、松平の気持ちを思うと本当に心が動くけど、でも男と男の話だから永遠に入っていくことができないな」
    と思いながら読んでいたら、
    その後に旭が「太閤」で大輔に話す場面が来ました。
    泣いた。

    大輔の圧倒的な深い絶望感の描き方も、すごい。

    主人公が、非常に悪い敵の親玉より最終的に一番強くなるというお決まりだけどとても胸の熱くなるスカッとする展開も入っているし、
    ちゃんとスターウォーズのC-3PO的なキャラもいるし(鳥居)、
    もうこれ最高だ。

    大阪の人はなぜ面白いのか?
    というのを歴史的に紐解いている謎のシーンもある。
    大真面目に馬鹿な感じも入っていてもう、もう面白い。
    あと万城目さんって健さん好きなんだなというのも伝わった。

    全然感想が止まらなくてたくさん書いてしまった!

    **以下は日記みたいなものです。**
    私は大変な戦国音痴なのですが、去年1年間『真田丸』に夢中になりまして、
    大阪国の人の名前が出てくるたびにいちいち「おお、わかる!真田丸観ててよかった!!」大興奮しました。
    でも、なぜか「橋場/茶子」と「真田/大輔」の名前のことは読み終わってお風呂に入るまで思い至らなくて
    シャワーを浴びながら
    「!!!!!!!」
    と本当に本当にテンションがMAXになりました。

  • よくよく考えたらあり得ない設定なのに、 読んでいる間は、現実世界でもあるかのようにしっくりきちゃう。

    そんな「絶対ない!」をあり得そうに見せる、万城目さんのストーリー設定がすきです。

    今、大阪に住んでいるのでさらにわくわくしました!

  • なんで“茶子”なのかしら。“寧々”でいいじゃん、“秀子”とか“吉子”とかでも。“橋場”は、最初気付かなくて、結構読み進めてから「あっ!」って思って、嬉しかったやら悔しかったやら。(2017-03-01L)

  • 鴨川の方が面白かった。もうひとひねり欲しいかな。

  • 大阪城が出てくるまでは面白かった。

  • すごく非現実的な話だけど、リアリティがあった。その発想がおもしろい。
    最後、女性も実はみんな知っているというのがよかった。
    この人の作品ではいちばん好き。

  • 万城目ワールド炸裂全開!大阪万歳!映画もなかなか楽しかった。

  • 内閣、国会、裁判所いずれの機関からも独立した組織、会計検査院。こんな機関あるんだー、が第一印象。
    この本の登場人物は濃い。なにかしら性格にクセがあったり能力が高かったりする。いい意味で現実感がない。
    検査官サイドはあれでいいんだけど。中学生サイドはもう一押し欲しかったな。「物事は少しずつしか変わらない」のかもしれないけど。

  • 2012.5図書館本。
    映画の補足として読んだ。小説の圧勝。

全904件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

1976年大阪府生まれ。京都大卒。2006年ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー。『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』『とっぴんぱらりの風太郎』『悟浄出立』が直木賞候補になる。他の著書に『ホルモー六景』『偉大なる、しゅららぼん』など。

「2016年 『バベル九朔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

プリンセス・トヨトミのその他の作品

万城目学の作品

ツイートする