プリンセス・トヨトミ

著者 :
  • 文藝春秋
3.53
  • (359)
  • (796)
  • (927)
  • (191)
  • (43)
本棚登録 : 4493
レビュー : 904
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163278803

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最初は面白かったけど、後半になってだんだん飽きてきてしまった。読んだあとにだからなんなんだーって気持ちになってしまった。このページ数で話があまり進展しない、もっと大阪を全停止というのなら、もうちょっとひねってほしい

  • サクサク読めて、面白かった。TVで映画版を放映しているのを見たけど、原作では鳥居のミラクル感がイマイチ感じられなかったな~性格もちょっと小物感が漂ってるし。
    ただし最後の後日談の分、映画より原作のほうが一枚上手な感じ。作者が大輔を女の子になりたい男の子として書いた意図が分かった気がする。

  • おもしろい。一気に読み終えました。

  • とっても面白かった。
    こんな話を思いつくなんてスゴイな。

  • 3〜4星。
    「ホルモー」や「鹿男」のような「土地が語ってくれる」物語。土地の力を借りて壮大で気持ち良いウソをつく。

  • 私は鹿男よりこっちの方が好きだな。
    読みやすいし面白いけど、大輔がなんで女の子になりたいと思ってるのかとか
    その辺はただの設定だったのがもったいない。
    そんなの無しでも充分な気もしました。
    ま、しかし5億もいるかいな。無駄遣いに変わりないやろ。
    映画化されたのを知ってたので、旭は無理だろと思ったら男女変えたりいろいろしてるのね。
    いつか観てみます。

  • とてもつもない年月 大坂国の人に守られてきた とても大切な事・・
    面白く一気に読めた。

  • 映画化をあとで見たいと思い、原作を読んでみました。設定が大きくて面白かったです。映画のキャストはどうかなぁ?と思ってしまいます。

  • スケールが大きくて驚き。

    現代に連綿と続く豊臣の末裔。
    地下に潜り続けていたものが、突如姿を現す時!
    大阪を揺るがす大事件を描く本作。

    毎度、奇想天外な物語だ。
    読者は「やられた!感」を味わいたくて、万城目作品を手に取るのだろうな。今回も当たりだった。
    本当に面白い。
    中学生の青春、歴史ミステリ、会計検査院の奮闘。
    内容盛りだくさんのごった煮が、最後には一つの大きな流れに収束していくところや最後のしんみり感が絶妙。

    お好みが食べたくてたまらない…

  • さすがに無理がある。いろんな面で。

    著者はよっぽど大阪が好きなのね。

全904件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

1976年大阪府生まれ。京都大卒。2006年ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー。『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』『とっぴんぱらりの風太郎』『悟浄出立』が直木賞候補になる。他の著書に『ホルモー六景』『偉大なる、しゅららぼん』など。

「2016年 『バベル九朔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

プリンセス・トヨトミのその他の作品

万城目学の作品

ツイートする