プリンセス・トヨトミ

著者 :
  • 文藝春秋
3.53
  • (359)
  • (796)
  • (927)
  • (191)
  • (43)
本棚登録 : 4493
レビュー : 904
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163278803

作品紹介・あらすじ

このことは誰も知らない。五月末日の木曜日、午後四時のことである。大阪が全停止した。長く閉ざされた扉を開ける"鍵"となったのは、東京から来た会計検査院の三人の調査官と、大阪の商店街に生まれ育った二人の少年少女だった-。前代未聞、驚天動地のエンターテインメント、始動。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 螟ァ髦ェ髱槫クク莠区?縺ョ讒伜ュ舌′縲∽サ翫↑縺ョ縺ァ縺ゅj縺ゅj縺ィ諠ウ蜒上〒縺阪k窶ヲ螟ァ髦ェ莠コ縺ォ縺ィ縺」縺ヲ縺ッ縺九↑繧翫Ρ繧ッ繝ッ繧ッ縺吶k隧ア縺ェ繧薙□繧阪≧縺ェ

  •  妻に薦められ、また、小6の娘も読んだということもあり、それならば読まねばと読んでみた。
     歴史好きにはたまらない仕掛け。
     以下、ネタバレ注意。

     ちょっと我に返るとバカバカしくなる設定をとことんリアルに描いたのが凄い。筒井康隆だったら大阪府庁前での対峙をもっとドタバタに描いたのだろうが、本作では悪ふざけも控えめにとことん真面目に描かれている。
     てっきり「私がプリンセス・トクガワです」と言い出す人物が終盤で登場するのではと思いながら読んでいたのだが、登場せず残念。
     また、茶子の両親はてっきり大阪国に敵対する勢力に消されたのだと思い、物語の終盤はその組織との全面対決になるのだとばかりおもっていたので、単なる不慮の事故だったと知りちょっと残念。
     OJOが略称ではなく守るべき者を表しているという描写を読んで「なるほど! お嬢か!」と妻に叫んだ僕は天然です^^;

  • 会計検査院と大阪国とは。どういう話になるのだろうと思っていただが、面白かったなあ。父と息子の関係がいい。それを陰で全て知っている女性達。女性は強い。男性は女性の手の上で動いているのかも(笑)
    ところで、そんなに大阪人は豊臣家に思い入れがあるのかな?

  • 奇想天外摩訶不思議万城目ワールド。
    下らないと卑下されても、ひとつのことを忠実に守り続ける男達。
    大切なものと一緒に。
    それは、誰にもバカにできないことなのではないか。
    まったくのバカげた話だが、惹き込まれてしまう万城目ワールド。
    決してバカにはできない。

  • 2018年5月20日、読み始め。
    2018年6月9日、読了。

    内容が奇抜すぎて、ついていけないというか(-_-;)

  • 万城目さんの作品は初めて読みましたが、わたしにはちょっと合わないかも。。

  • 映画にもなった作品。映画を観てから読んだ。観てからでも読めるけど、読んでから観たほうがいいかな(笑)大阪を舞台にした現代舞台のお伽話。普段なじみの場所が出てきたりして面白かった。

  • うーん。
    まあ、面白い、っていうんだろう。
    大がかりな仕掛け、読む者をあっと言わせる展開。

    でも、なんだか楽しめなかった。
    そんなに長い間、大勢の人たちが関わって、なぜ秘密がもれないのか? とか、小さいことが気になって、その世界に入っていけなかった。
    この作者では、鹿男が抜群に面白かった。
    しゅららぽんも仕掛けが大がかりすぎて、設定の粗が目について入りこめなかった。
    相性の問題なんでしょうね、きっと。

    あ、最後の、大阪の女はぜんぶわかってる、ってのは気に入りました。

  • とんでもないSFだがつまらないかというとそうでもない。
    所謂ドタバタ活劇だ。

  • 万城目学ワールドにはまりました。
    大阪の父と息子が歩く道に切ない思いを抱いたのは私だけではないと思います。
    映画も楽しく良かったです。

全904件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1976年大阪府生まれ。京都大卒。2006年ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー。『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』『とっぴんぱらりの風太郎』『悟浄出立』が直木賞候補になる。他の著書に『ホルモー六景』『偉大なる、しゅららぼん』など。

「2016年 『バベル九朔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

プリンセス・トヨトミのその他の作品

万城目学の作品

プリンセス・トヨトミを本棚に登録しているひと

ツイートする