扉守(とびらもり)

著者 :
  • 文藝春秋
3.69
  • (23)
  • (71)
  • (48)
  • (5)
  • (4)
本棚登録 : 322
レビュー : 79
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163287300

作品紹介・あらすじ

瀬戸の海と山に囲まれた懐かしいまち・潮ノ道にはちいさな奇跡があふれている。こころ優しい人間たちとやんちゃな客人が大活躍。待望の、煌めく光原百合ワールド。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんて懐かしくて、温かくて、美しい世界!

    一度も訪れたことのない土地なのに、この本の中を旅する誰もに
    「おかえりなさい」と、柔らかな声で呼びかけてくれるような、幻想的な物語です。

    ひと口飲めば、故郷を遠く離れても
    必ずまた戻ってこられるという水を湛えた帰去来の井戸。

    寿命が尽きて戻れなかった人を乗せ、井戸を守る「雁木亭」めざして
    満月の夜、静かに小路を進む舟。

    白鉢巻に白い着物、片手には竹の棒を勇ましく携えて畳を叩き、
    憑いている家の不幸を祓い、幸せを呼ぶ妖怪、畳たたきのぱたぱたさん。

    半身は人間、半身は異界の魂を宿す者という運命を受け入れ
    現世と異界を結ぶ扉を「扉守」として守り、
    その釣合いを崩す良からぬものを左耳の穴に封じて金色のピアスで蓋をする青年。

    四季折々の変化を見せ、彷徨う死者の魂さえ宿してしまう絵を描く絵師。

    悲しい思い出となった編物の編み直しから、お稲荷さんの眷属キツネの嫁入りの綿帽子、
    月の光を材料にした一夜限りのピアノの弦まで編んでしまう新久嶺(あらくね)。

    「場所のおしゃべりを聞く」ことから始めて、
    その土地限りのお芝居を鮮やかに演じる劇団天音のサクラ。

    歌うことを拒否するピアノと対話しながら月の弦を張る調律師、柊と
    容姿は王子、物腰はジェントルマン、中身はジャイアンながら
    魂をゆさぶるような演奏で全国を飛び回る幻のピアニスト、零。

    三つの山と、穏やかな海と、対岸の島に囲まれ、不思議な力の集まる「潮ノ道」を舞台に
    人の想いをひとつひとつ小さな灯にして、そっと両手で大切に包み込むように
    7つの美しい物語が紡がれます。

    『夏目友人帳』や『コンビニたそがれ堂』や
    大林宣彦監督の尾道三部作がお好きな方は、ぜひぜひ!
    (というか、この物語の中に夏目やにゃんこ先生が紛れ込んでも何の違和感もないというか
    むしろ積極的に出没してほしいと思ってしまう私でした♪)

  • 図書館に行く前に自宅で「あぁー、何か面白い本ないかなー」と
    つぶやいてから、いざ図書館へ。

    本当は三浦しをんさんを借りに行ったのに、全部貸し出し中(泣)

    で、ぶらぶらしていたら「扉守」とタイトルが目に止まり
    表紙がとてもきれい。
    今まで借りたことがない作家さん。

    読んだらすごい素敵なお話。大人のための極上な童話のような…
    言葉一つ一つがきらきらしていて、心にしみわたります。


    帰去来の井戸 天の音、地の声 扉守 桜絵師 写想家
    旅の編み物 ピアニシモより小さな祈り

    恥ずかしながら「天の音、地の声」ではぼろぼろ涙を流し
    ティッシュで鼻をかみつつ、大変な状態になりました。
    あたたかい感動ファンタジーです。

    舞台は瀬戸で特殊な土地に住むメンバーの、ちょっと不思議な
    きらめくハートフルなストーリーです。

    いい本に出逢いました。本の神さま、ありがとう。
    ちょっと光原さんの作品にハマりそうな予感です♪

    • まろんさん
      光原百合さん、私も好きです♪

      『時計を忘れて森へいこう』という、
      木に語りかけながら森を守るレンジャーの護さんがあまりにも素敵な作品もある...
      光原百合さん、私も好きです♪

      『時計を忘れて森へいこう』という、
      木に語りかけながら森を守るレンジャーの護さんがあまりにも素敵な作品もあるので
      もしお時間があったらぜひぜひ(*^_^*)
      2012/08/16
    • まっきーさん
      本当にいい作家さんですね。
      今まで知らなかったことが悔やまれます。

      『時計を忘れて森へいこう』図書館にありましたヾ(^▽^)ノ
      ...
      本当にいい作家さんですね。
      今まで知らなかったことが悔やまれます。

      『時計を忘れて森へいこう』図書館にありましたヾ(^▽^)ノ
      近いうちに読んでみますね♪

      紹介してくれてありがとうございます!
      2012/08/17
    • まろんさん
      私こそ!
      この『扉守』、さっそく読みたい本リストに( ..)φメモメモしましたもの♪
      まっき~♪さんのレビューのおかげで
      ティッシュ片手に用...
      私こそ!
      この『扉守』、さっそく読みたい本リストに( ..)φメモメモしましたもの♪
      まっき~♪さんのレビューのおかげで
      ティッシュ片手に用意万端で読めますね!
      ありがとうございます(*^_^*)
      2012/08/17
  • おとぎ話、お化けの話、不思議な話。
    短編集。
    題名になっている「扉守」の話より「帰去来の井戸」が断然良かった。
    不思議な話と月はワンセットになっていることが多い(かぐや姫の時代から、ね)。
    行ったことないけど、尾道っていいとこだ。
    同じ坂道つながりで、映画「いつか読書する日」を思い出した。
    あちらは長崎が舞台だったけど。。

  • 瀬ノ道を舞台に繰り広げられる幻想的な物語。
    この街には「不思議」な力を引き寄せる何かがある。死者が舟に乗って帰ってきたり、声なき者の代わりに声を伝える摩訶不思議な劇団があったり…、美しい絵の中に吸い込まれたり、妖怪に女の子が取り憑かれたり…、などなど。
    優しい雰囲気に包まれたファンタジーでした。

    舞台の瀬ノ道が綺麗な描写で丁寧に描かれています。(モデルは尾道です)
    物事の怪奇現象も、どこか優しくふんわりとした幻想的な雰囲気を内包していて、その世界観についうっとりしました。
    こういう切なくて優しい、儚げなファンタジー小説は大好きです。
    特に劇団が演じた声なき物語にはうるっときました。

    ですが、一つだけ。
    やっぱり小説で描かれる広島弁って微妙だと思います。
    自分が広島に住んでいることもあって、広島弁には馴染みがあるはずなのですが…。
    無意識に使っているものを意識的に取り上げられるとどうしても違和感がありますね。生粋の広島弁を使う女子大生、いないこともないですが、過剰表現な気はします。
    雰囲気を出すため意図的に使用したものだと思いますが、ハッキリ言って、現代風味な広島弁じゃない気がして、私は好きじゃなかったです。
    (でも広島っていう雰囲気は出てたからそれはそれでよかったのかなぁ)

    …この小説を読むと、なんだか尾道に行ってみたくなります。
    今度の春休み、旅してみようかなぁ。

  • 2010/06/18:読書メーターで見かけてコメントとタイトル、装丁に惹かれて購入。
    瀬戸内の尾道をモデルにした潮の道町が舞台の幻想短編集。
    どの話も日常と不思議が絡み合い、優しく少し切ない物語でした。特に「帰去来の井戸」「ピアニシモより小さな祈り」が繊細で心に残りました。

  • ちょっと不思議なできごとを集めた奇譚集。どれも、現実にふっと少しだけ違う色を添えられたようなお話でとても私好みでした。なんとなく、村山早紀さんや、矢崎在美さんの話を想起しました。思っていたよりも数段よかった……じっくり読みたいお話です。特に女性におすすめ!「帰去来の井戸」が一番好きだなあ……。しみじみ。水飲みたい!

  • 14:流れるようなきれいな文、目の前に瀬戸内の豊かな自然が広がるような丁寧な描写。温かくて少し切ない、登場人物たちのやりとり。声高に愛を叫ぶ作品ではないけれど、どのストーリーもじわじわと泣けて仕方ない。潮ノ道という町、ひいてはこのリアルな世界に対する、作者さんの細やかな愛情が伝わってくる素敵な作品。お勧めです!

  • 瀬戸内の潮ノ道という所を舞台にしたファンタジー。帰去来の井戸が一番好きかなあ。扉守はちょっと自分が強くないと怖いなって感じ。全体的に綺麗なイメージの短編集でした。

  • これは違う。ミステリーを書いて-!

  • 不思議の世界。
    大好きになった瀬戸内の尾道が舞台。
    風景の記憶が甦る。
    いろいろなパワーが集まるところ。

全79件中 1 - 10件を表示

光原百合の作品

扉守(とびらもり)を本棚に登録しているひと

ツイートする