Invitation

  • 文藝春秋
3.17
  • (7)
  • (26)
  • (77)
  • (15)
  • (2)
本棚登録 : 344
レビュー : 55
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163288208

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • さらっと読む。
    待ち時間によし。

  • うーむ…よくわかりませんでした(;・∀・)

  • 様々な話がありましたが、何の「招待」なのかと読み終えた後考えました。「老い」の世界への招待状の様に感じました。痴呆症と偽った昔の女性に殺される話は、怖ろしいです。この話に限らず、怖い物語が沢山あります。

  • 2010.03.12. それぞれの作家さんらしさが出ていたけど、どれもそんなに好みじゃなかった。久しぶりに読んだ高村薫さんの文章のタッチが、妙に気になる感じ。また、読んでみようか。

著者プロフィール

江國 香織(えくに かおり)
1964年、東京生まれの小説家。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。2004年、『号泣する準備はできていた』 で、第130回直木賞を受賞。他、山本周五郎賞、中央公論文芸賞、川端康成文学賞、谷崎潤一郎賞など受賞歴多数。代表作として、映画化もされた『きらきらひかる』や『冷静と情熱のあいだ』など。女性のみずみずしい感覚を描く作家として、多くの読者を魅了している。また、小説から絵本から童話、エッセイまで幅広く活躍中。翻訳も手がけている。2019年5月2日、2年ぶりの長編小説『彼女たちの場合は』を刊行。

Invitationのその他の作品

江國香織の作品

ツイートする