虚擬街頭漂流記

著者 :
制作 : 玉田 誠 
  • 文藝春秋
3.45
  • (3)
  • (12)
  • (12)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (405ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163289601

作品紹介・あらすじ

仮想都市=ヴァーチャストリートで発生した殺人事件。第1回島田荘司推理小説賞受賞。SF設定の中に構築された高度なトリックと、結末に思わず涙する感動のストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 仮想空間で産み育てていた死んだ娘が間違って人を殺してしまったという話。縁は仮想であっても義理であっても、血の濃さではなくその人その人の性格・資質によるところが大きいのだろうなあと感じた。

    ギミックとしては、仮想空間で現実の80%の力が出せるというのがやや疑問だった。相対的な制限ではなく絶対的な制限(○○キロ以下)を設けるのが、MITでドクターまで取った研究者なら、やることなのではないかと。それもソフトウェアではなく現実世界のハードウェア側に。ただそこを制限してしまうと殺人事件が起こらなくなってしまうから無理なのかな。まあそこがやや不満だったので☆4です。

  • VRを題材にした本格ミステリ。VRをファンタジーとして扱うのではなく地に足の着いた近未来技術として扱いつつ、5W1Hと不可分に結びつけている点が秀逸。島荘の選評にもあるように日本のSFミステリには少ない方向性だが、日本以外でも少ないような気がする。

  • 最後だけ面白かった

  • 開発途中の仮想空間で見つかった死体。
    ログを辿りユーザーを見つけ出すと、その男もまた同じように殺されていた。
    犯人は? 手口は? バーチャル世界と現実世界の狭間で何が起こったのか。

    第一回島田荘司推理小説賞受賞作。
    う~ん、なんだ。
    これを書いた心意気は買う。
    買うが、SFとして設定が破綻しとるよ。
    しかもそれをオチに使っちゃダメでしょ。
    あと主人公からしてクールなのか、夢見る乙女なのか、まったく性格が分からなかった。
    分からなかったってよりその場その場で性格変わりすぎ。
    ママとの関係も曖昧なままで。
    むしろママの存在って必要か?って思ってしまった。
    とにかくまず人間を書かないとなあ。

    第2回受賞作の『遺忘・刑警』を原書で読もうと思ってたんだけど、なんだかめげてきたぞ…。

  • バーチャル空間での殺人事件を扱った近未来SFミステリ。読者を騙すための仕掛けがいくつも折り重なって最終的に円環構造となり、結果として物語性を惹き立てることにも繋がっているのが素晴らしいです。感動とはまた違う美しすぎる悲劇でした。普通のミステリとは異なる舞台装置に拘ったことが、犯人その他の真相部分を逆に気付かせやすくしてしまった感が無きにしも非ずですが、それにしたって伏線から導くロジックで十二分に魅せてくれます。台湾ミステリにも関わらず、日本の小説と殆ど変らない感覚で読めてしまう訳者の力量も何気に評価されて然るべき。

  • ■第1回島田荘司推理小説賞の受賞作品って帯のキャッチを見て思わず借りちゃったんだけど、読み始めてみると台湾の作家の作品だった。なので、地名とか人名がすっと入って来なくいんだよね。だから最初はちょっと苦戦した。(笑)

    ■舞台が近未来の台湾なので、SF風味のミステリーとしてもなかなか。あちこちにトラップが仕掛けてあって、読み終わるころには結末はなんとなくわかっていたのに、それでもやられた感たっぷりで読み応え充分。その上、読後は『感動!』って感じになること間違いなし。

    ■週末の忘年会@温泉に持ち込んで読了。

  • ヴァーチャルリアリティと現実世界、過去と現在が交錯して... とややこしそうな設定ではありましたが、それほど難解ではなく分かりやすかったです。読後はスッキリ。なるほど島田荘司っぽいなあと思いました。

  • ヴァーチャルストリートで起きた殺人事件、現実の都市の過去の姿を模したその仮想都市で実際に何が起こったのか…?凝った設定と緻密な展開、途中一瞬「ああそういうことか、ありきたり」と早とちりしかけましたが、実際にはそんな浅い読みを裏切る“一枚上手”なミステリになってて、非常に面白い。ネットを利用した生活が当たり前になっている世代には読みやすい、SFになりすぎていないリアルさが良い。台湾物ということで普通の海外ミステリとは翻訳の雰囲気も異なりますが、漢字表記にカタカナルビで中華世界の香りがきちんと出ていたのも良かったです。

  • 第1回島田荘司小説賞受賞の台湾ミステリ。仮想空間での殺人というSF的設定に隠された端正な仕掛けに大満足。さらにその仕掛けが小説全体の主題と密接に結びついているのも素晴らしい。すごいぞ台湾ミステリ!!。

  • ヴァーチャルと云うものが、それほど実際に全く縁遠いものでもなくなりつつある昨今。
    そしてSFのガジェットとしてはもう、全然目新しいものではなくなっている昨今。
    ただその仕掛けをどのようにして利用するか、その利用の仕方にアイディアが要求され得る訳ですが、解説によるとこの物語ではそれが斬新であった、とのことです。
    私はミステリもSFも両方ともに詳しくないし、何が「新し」く、「本格」かとかよく判らないので、プロがそう云うならそうなのでしょうが、何となく割り切れないと云うか。
    何となく、どうしようもなく、「物語の為の殺人」と思えてしまいました。
    ミステリとしての仕掛けが凝っていればいるほどそう思えてしまうジレンマがあるのかもしれませんが。
    しかも、ある一つの謎が解かれずに残っていると云うのは、「本格」としてはありなのか、と思うのですが、どうなのでしょうか。

    SFとしては、ヴァーチャルやAIなどもう少しで実現出来そうなガジェットを使いつつも、全体的に80年代っぽい雰囲気を醸しているのは、面白かったです。

全15件中 1 - 10件を表示

虚擬街頭漂流記のその他の作品

寵物先生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
貴志 祐介
米澤 穂信
湊 かなえ
麻耶 雄嵩
麻耶 雄嵩
米澤 穂信
麻耶 雄嵩
米澤 穂信
冲方 丁
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする