悪の教典 下

著者 :
  • 文藝春秋
3.62
  • (365)
  • (700)
  • (687)
  • (160)
  • (33)
本棚登録 : 4098
レビュー : 767
  • Amazon.co.jp ・本 (411ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163295206

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 貴志版バトルロワイヤル。

    校内一の人気教師:蓮実聖司。
     人を虜にする話術。
     申し分のない容姿。
     明晰な頭脳。
    だれもが彼を信頼していた。
    彼がサイコパスだということを知らなかったから。
     彼の真相に近づこうとした人間は排除される。
     彼に目障りだと思われた人間も排除される。
    そして今度排除されるのは、
    蓮実が担任をしている2年4組の生徒たちだった―。

    ぐいぐい引き込まれるから面白かったけど、
    ものすごく胸糞悪い…。
    サイコパスって言葉を良く分かってなかったけど、
    この本読んだら絶対忘れないね。
    犯行直後から精神異常者を装うしたたかさには寒気がした。

    400ページ×2冊なわけですが、
    後半はほぼどうやって殺すか考えて
    どうやって殺したかを並べているだけです。
    ここまでやる必要はあったのかな…。
    殺されて残念になるような魅力的な生徒は少ないし、
    どうやって殺したかなんて読みたいわけではないし。
    この本の需要ってあるのかなー。
    貴志さんの本だから読みたいって言う需要を差し引くと、
    残虐なのが好きな人と、
    サイコパスに興味がある人くらいじゃなかろうか。

    『リムゾンの迷宮』も閉じられた環境での極限状態だけど
    あっちの方が個人の行動がバラエティに富んでいて
    読み応えがあった。

    『新世界より』の次に読んだので、
    虫をバグと読み仮名振るあたりに、
    SF要素を期待したんだけどなぁ。

  • ひとつのミスから、殺戮に至るまでの主人公の心理描写が薄い気がした。それまで細かに書かれていただけに、そこが惜しい・・・と言ってもキ●●●の心理であるから、誰にも理解できない世界にあったのかもしれないが。明晰な頭脳の持ち主であるはずなのに、全てが発覚する直前のふてぶてしさと発覚後の開き直りは、普通の犯罪者に成り下がってしまっているのも不満。悪いことばかり書いてしまったが、ホラーとして十分楽しめた。どこで生存者が息を潜めていたのか、そして意外な生存者。ミステリーとして読むならばその辺りを評価すべきか。挙げていくと不満は多かったが、それ以上に圧倒される分量とそれを感じさせないテンポのよさはお見事だった。

  • 圧倒的に共感能力が欠如しているが故に、未発達で不完全な生き物。
    あらすじを読んで想像していたものとは少し方向性が違うけど、これはこれで怖くて面白い。人間らしさを垣間見せながらも、最後まで徹底して悪なのがいい。
    これを物語と割りきって読めば問題ないですが、幼少時代の記述は、ちょっとアスペルガーを匂わせてて偏見を生みそうかなぁと思った。もう少し配慮が必要かな。

  • 高校を襲う、血塗られた恐怖の一夜。極限状態での生への渇望が魂を貪りつくしていく…。ピカレスクロマンの輝きを秘めた戦慄のサイコホラー。

    マンガよりマンガチックな411ページ。バトルロワイヤルの世界に呆れて斜め読み。これで「文春」「このミス」1位とは、2010年は不作の年だった?
    (D)

  • 壊れていく王国の中でアドリブで解決させていく。
    クラスの生徒を殺して捕まっても、ゲームは終わらない。
    最後の鼻歌がめっちゃ怖い

  • これ、
    映画化したら
    どうなるんだろうー
    って思いながら
    そして先が気になりすぎて
    どんどん読み進めてしまった。

    でも
    最後のドンデンが
    読んでいる途中でわかってしまったので
    そのあたりがいまいちの原因か。。。

    でもでも
    読書中の
    緊迫感とか
    どうなっちゃうんだろう感、
    臨場感なんかは
    さすがだな、という感じ。

    映画化してほしー!!!
    R15かなww

  • 高校を襲う、血塗られた恐怖の一夜。極限状態での生への渇望が魂を貪りつくしていく。風雲急をつげる超弩級のエンタテインメント。

  • 上巻はイッキ読み、
    下巻はありえない状況。でも、結局こちらもイッキ読み。
    面白かった。

  • 8

  •  上巻の感想に同じ。

全767件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

1959年大阪生まれ。京都大学経済学部卒。96年『十三番目の人格-ISORA-』でデビュー。翌年『黒い家』で日本ホラー小説大賞を受賞、ベストセラーとなる。05年『硝子のハンマー』で日本推理作家協会賞、08年『新世界より』で日本SF大賞、10年『悪の教典』で山田風太郎賞を受賞。

「2017年 『ダークゾーン 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

悪の教典 下のその他の作品

貴志祐介の作品

ツイートする