悪の教典 下

著者 :
  • 文藝春秋
3.62
  • (365)
  • (700)
  • (687)
  • (160)
  • (33)
本棚登録 : 4098
レビュー : 767
  • Amazon.co.jp ・本 (411ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163295206

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 貴志版バトルロワイヤル。

    校内一の人気教師:蓮実聖司。
     人を虜にする話術。
     申し分のない容姿。
     明晰な頭脳。
    だれもが彼を信頼していた。
    彼がサイコパスだということを知らなかったから。
     彼の真相に近づこうとした人間は排除される。
     彼に目障りだと思われた人間も排除される。
    そして今度排除されるのは、
    蓮実が担任をしている2年4組の生徒たちだった―。

    ぐいぐい引き込まれるから面白かったけど、
    ものすごく胸糞悪い…。
    サイコパスって言葉を良く分かってなかったけど、
    この本読んだら絶対忘れないね。
    犯行直後から精神異常者を装うしたたかさには寒気がした。

    400ページ×2冊なわけですが、
    後半はほぼどうやって殺すか考えて
    どうやって殺したかを並べているだけです。
    ここまでやる必要はあったのかな…。
    殺されて残念になるような魅力的な生徒は少ないし、
    どうやって殺したかなんて読みたいわけではないし。
    この本の需要ってあるのかなー。
    貴志さんの本だから読みたいって言う需要を差し引くと、
    残虐なのが好きな人と、
    サイコパスに興味がある人くらいじゃなかろうか。

    『リムゾンの迷宮』も閉じられた環境での極限状態だけど
    あっちの方が個人の行動がバラエティに富んでいて
    読み応えがあった。

    『新世界より』の次に読んだので、
    虫をバグと読み仮名振るあたりに、
    SF要素を期待したんだけどなぁ。

  • 高校を襲う、血塗られた恐怖の一夜。極限状態での生への渇望が魂を貪りつくしていく…。ピカレスクロマンの輝きを秘めた戦慄のサイコホラー。

    マンガよりマンガチックな411ページ。バトルロワイヤルの世界に呆れて斜め読み。これで「文春」「このミス」1位とは、2010年は不作の年だった?
    (D)

  • 生きのびた手も、容易に想像出来たところは残念。
    下巻の方が読みやすいかった。

  • あまりにも悲しい、作者は何を問いたかったのだろうか、疑問だらけの作品である。
    上巻はドキドキ感があったが、下巻で全てを壊してしまったようである。
    ちなみに上巻もストーリーに?があったが、下巻は?だらけである。
    ちなみにこの高校はどれだけ僻地にあるの?

  • これはミステリーでもホラーでもない感じ。下巻はなんかちょっとガッカリ。

  • 舞台や設定は面白いけど、想像していたよりはあっさりした話でした。ハスミンの目線で書かれてなければ良かったのに、と思ってしまった。そのせいか、怖さはほとんどありませんでした。
    「黒い家」の菰田さんには敵わない・・

  • さて後半。なんだか蓮見がただの大量殺人鬼になっちゃって少し興ざめ・・・・
    ぱっぱぱっぱ人が殺されるだけっていうか。
    これが書きたかったんなら上巻いらなかったんじゃないか、くらいの勢い。

    あとね、内容に関係ないけど上下両方すっごく気になったのは、読点が多い!!
    読んでていちいち息が切れる感じで読みにくかったわ・・・・・
    『読んでて、いちいち、息が切れる感じで、読みにくかったわ・・・』みたいな感じ^^;
    最近たまにこういう書き方の本みることあるけど、どうしてなのかな。

  • 下巻は、個人的にはイマイチでした(^^;)

    殺め方やアリバイづくりが、だんだんと雑になり、とりあえず殺すって感じです。読んでいて、懐かしいですが、“バトルロワイアル”を思い出しました。最後の結末も、想像を超えることもなく、タンタンと終わっちゃいました(・ω・)

    残念 Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

  • 恐ろしくつまらない。ある意味、それが一番怖い。同じことの繰り返しな話。話題にはなったが…な本。

  • 下巻でガッカリ・・・。

著者プロフィール

1959年大阪生まれ。京都大学経済学部卒。96年『十三番目の人格-ISORA-』でデビュー。翌年『黒い家』で日本ホラー小説大賞を受賞、ベストセラーとなる。05年『硝子のハンマー』で日本推理作家協会賞、08年『新世界より』で日本SF大賞、10年『悪の教典』で山田風太郎賞を受賞。

「2017年 『ダークゾーン 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

悪の教典 下のその他の作品

貴志祐介の作品

ツイートする