田舎の紳士服店のモデルの妻

著者 :
  • 文藝春秋
3.30
  • (39)
  • (92)
  • (145)
  • (33)
  • (19)
本棚登録 : 657
レビュー : 145
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163297101

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み始めは文体を始め?だったけど、読み進めていくうちに
    主人公の心情も理解できるようになり面白くなった。

    最後はよかったけど、読み始めが?なので☆4つ

  • 宮下奈都さんの本はどれも好きだったので
    これも話題になっていたから楽しみに読む。

    主人公の妻の一人称で物語は進んでいくが、
    この妻がうつになった旦那を気遣うことともなく
    発達障害かと思われるような行動を起こしている子供を
    大丈夫大丈夫と問題から目をそらし、
    とにかく自分のことしか考えてなくてしらけてしまった。

    都内の幼稚園から田舎へ引っ越さなくてはならなく
    なった主人公がママ友達から10年日記をもらい
    その日記を軸に物語が展開していくのだけれど
    こんなにうじうじうじうじ考えるかな。

    途中の元アイドルとの恋愛話も必要かな。
    そこまで魅力ある主人公ではないと思う。
    元アイドルよりも旦那をとったと妻は思っているけど
    そのまま元アイドルについていって何か変わったのか?
    子供二人もいて、元アイドルについて行ったならとか
    考えるかな?子供ってそんな軽い存在かな?

    最後まで気持ちのよくない話だった。
    一応明日への希望のある終わり方だけどがっかり。

    タイトルだけで事前情報なしで読んだから
    もっとほのぼのした内容なのかと思った・・・。

  • amazonのレビューを見ると
    田舎の紳士服店のモデルの妻の梨々子のことを
    嫌な女 って称したりしてる方もいたけれど
    ぜんぜんそんなことなくて すごく素敵な女性だと思う

    いい意味で全てのことにあきらめてるというか

    人って 自分はこんなものじゃない
    こんな私は本当の自分じゃなくて
    もっと私はすごいんだ

    ってどこかで思っていたりするけれど
    そうやって思っているのが本当の自分であって
    それ以外のなにものでもないんですよね

    それを悟った梨々子はすごく素敵だと思うな

    宮下奈都さんの作品は2作目で
    前読んだ 太陽のパスタ 豆のスープは
    元気になる力をもらって
    田舎の紳士服店のモデルの妻からは
    しんとした静かな生きる力をもらいました

  • 人々が魅力的でなかった。

  • 普通でありたくて、でも普通じゃない何かにあこがれる。
    これからも、妻であり、母であり、女であり続ける。

  • 結局は日々のすべてを受け入れることができた主婦の話。 昨日たまたまみたNHKの「下流の宴」に若干同じ匂いをかんじた。 決断の時の感じが自分にはわかりにくかったけど…

  • うーん・・・いまいちだった。

  • どっちかっていうと旦那のほうに感情移入してしまう自分は
    ちょっと病んでる気がする。

    人ごとではないっす。

    でも梨々子の達郎に対する反応も
    大げさにヒステリーを起こすわけでもなく、無理に元気を出して明るくいくわけでもなく、
    自分もこういうリアクションするかもなあって思えた。

    ◆竜胆梨々子
    主婦。潤と步人の母。昔はアサヒのファンだった。病院でボランティアを始める。

    ◆竜胆達郎
    鬱になる。

  • 淡々とした内容なのに、主人公の心の動きの機微の表現が何ともいい。人の人生をセーターの見ごろを編んでいる様なものと表すのもわかりやすい。この本に書いてあるのは、ささやかな幸せに主人公が気付いて行くささいなものだけど、わかるわかる!って言いたくなるほど共感出来るものだった。(主人公と境遇はだいぶ違うんだけれど・・・)そういえば同じ宮下奈都さんの作品、太陽のパスタと豆のスープにも同じ思いを感じたのでした。

  • 田舎ってどんだけ田舎かと思って読んだら、大して田舎じゃなかったです。
    でも私自身もそうですが、東京から比べたらどこだって田舎だよね。
    私は東京生まれ東京育ちですが、夫と結婚して東京以外の場所を3か所経験してみて「東京は息苦しい!」と感じている派なので、梨々子が東京から田舎に引越す=負け組みたな感覚なのがぜーーんぜん分かりません。
    田舎だっていいとこ、たくさんあるのにねー。
    いや、田舎だからこそ、いいところがたくさんあるのにねー。

    10年日記、私は双子妊娠発覚時につけはじめて今5年目になるのですが、かなりとびとびなのでしっかり書きたいなと思いました。
    やっぱり10年日記、面白いね!


    しかし、梨々子の成長は極めてのんびりですね。
    10年かけてやっと自分なりの生き方を見つけ始めたというところだと思います。
    もうちょっと今を楽しめばいいのに。
    でもその楽しみ方が分からないというのは理解できるかも。
    母であるのに自分の好きなことを楽しんでしまっては、子供たちに申し訳ないような感覚。
    …って、私は全然そういう性格ではないのですがね~~。

全145件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

宮下 奈都(みやした なつ)
1967年福井県生まれ。上智大学卒業。2004年、「静かな雨」で文學界新人賞に入選し、デビュー。日常に起こる感情の揺れを繊細で瑞々しい筆致で描きだす作品で知られる。『スコーレNO.4』が書店員から熱烈な支持を集め、注目を浴びる。代表作に、2016年本屋大賞、ブランチブックアワード2015大賞、「キノベス!2016」などを受賞した『羊と鋼の森』があり、2018年6月映画化。『静かな雨』が2020年新春映画化が決まり、2019年6月6日文庫化される。ほか、福井からトムラウシに移り住んでいた頃の日々を描いた『神さまたちの遊ぶ庭』や、福井での身辺雑記や本屋大賞受賞前後のエピソードなどを描いた『緑の庭で寝ころんで』がある。

田舎の紳士服店のモデルの妻のその他の作品

宮下奈都の作品

ツイートする