ロードサイド・クロス

制作 : 池田 真紀子 
  • 文藝春秋
3.81
  • (53)
  • (149)
  • (78)
  • (8)
  • (5)
本棚登録 : 699
レビュー : 115
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163297200

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いつもながらの最後まで息の抜けない、ノンストップミステリです。あ〜
    面白かった。

  • キャサリン・ダンスのシリーズ第二弾。今回もどんでん返しありで一気に読めました。

  • 前作スリーピングドールに続くキャサリンダンスシリーズ第2弾。話が前作から一部繋がっているので先に前作を読むのがお勧め。テーマはソウルコレクターから繋がっている感じのする、ネットと個人情報。人気ブログで取り上げられたことから誹謗中傷の嵐に巻き込まれる少年。正しかろうが間違っていようが一度書き込まれたコメントは永久に残り続けると思うとちょっと怖い。今回はキネシクスは控えめで事件そのものに焦点が当たっている。どんでん返しも健在で、まだこんなにページ残ってるのに解決しちゃうの?と分かっていても楽しい。

  • エンプティ・チェアーを少し思い出した。
    バタバタと終わった印象。
    でもバタバタと読み進んだ。
    楽しかった。

  • ブログの簡単にアップ出来るが自分だけの考えで掲載された記事が、思ってみたい方向にいくこともある怖さ。そして一度発信されたものはコピーされて発信者が誤ってと思って消せない怖さ。そんな危険に警鐘を鳴らす作品にもなっていると思う。 ナイス!

  • キャサリン・ダンスシリーズ第二作。前作のダニエル・ペル事件がかなり関わってもいるので、順番に読むことをお薦めします。
    ロードサイドクロスキラー事件に、キャサリンの母が告訴されちゃったり。なんだかいろいろと大変なことになっていて、盛り上げは抜群。あらすじ読んだだけでトラヴィスは犯人じゃないだろうなあって思いましたが(笑)。次々先の読めない展開に巻き込まれ、最後の最後まで気を抜けませんでした。うわー、この真相は読めない!
    ネット依存がかなり取り上げられています。たしかに由々しき問題。ネットは便利だし楽しいけれど、飲み込まれてしまうと恐ろしいことになるのですね。現代のネット社会に警鐘を鳴らす作品でもあります。

  • ネットでのいじめなど最近ではちょっとありきたりの感じ。真犯人にはちょっと驚いたけど。

  • 人間嘘発見器キャサリン・ダンスシリーズ第二弾。ネットの悪意との対決。親子愛にもほろっと。今回も面白いです。

  • キネシクス技術を駆使する尋問のエキスパート、キャサリン・ダンスシリーズの第2弾。相変わらず読ませます。
    「ソウル・コレクター」同様、インターネットの闇を描いています。犯人が分かったのに、まだずいぶんな量のページが…。お得意のどんでん返しは健在です。そうなるともう先が気になって、他の事などそっちのけで、必死になって読みきりました。

  • もはや「毎年年末の恒例行事」となった感のあるディーヴァーの新作はダンス・シリーズ。あいかわらずの面白さで500ページ一気読みです。お約束の大どんでん返しもやはり健在。あ、「年末恒例」で思い出したんですけど、スカーペッタはどこ行っちゃったの?(笑

全115件中 91 - 100件を表示

ジェフリー・ディーヴァーの作品

ツイートする