ロードサイド・クロス

制作 : 池田 真紀子 
  • 文藝春秋
3.81
  • (53)
  • (149)
  • (78)
  • (8)
  • (5)
本棚登録 : 699
レビュー : 115
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163297200

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • つきあっちゃえよオニール氏と!!
    やっぱりライムシリーズの方が事件の規模も大きいし好きかも。

  • 長かった~!
    ネットの世界(ブログと表現されていますが、日本でいうと
    掲示板に近い感じ?)が事件のベースにしかれていて、
    アメリカも日本も変わらないなぁというあたりで、
    なかなか興味深かったです。

    いつ読み終われるのかなぁと、途中、
    残りの厚さを見ながら何度か思いましたが
    2つのストーリー(ロードサイドクロス事件と母親の起訴)が進行しつつ、
    どんでん返しが織り込まれてくるので、
    退屈することはなかったです。

    女性主人公キャサリンダンスとそのお相手の今後にも
    興味を持ったので、たぶん、このシリーズの続きが出たら
    また読むと思います。

  • Roadside Cross ですかね。
    取り上げてる内容は、今時のインターネットブログだが、ストーリーは古典的とも言えるほどに王道なミステリー。
    謎解きの積み重ね。

  • ジェフリーディーヴァーの中ではもう一つ。

  •  月曜日に始まり金曜日には終わるキャサリン・ダンスシリーズ第2弾。

     今回は古典的というか(イヤ全然そんな感じでもないんだけど)、正統派なミステリだった。
     犯人ドコーとぎりぎりと思いながら一気読みできる。
     前作のスリーピングドールとセットでよんだほうが面白い。

     そーして、エピローグでは気になる引きがwwww
     3巻楽しみです。いろんな意味で。

  • キャサリン・ダンスと対峙したら、すべて読まれてしまうんだろうなぁ。実際にこういう人がいたら怖いと思う反面、犯罪の撲滅には頼もしいなって感じる。
    ネット掲示板を利用した犯罪。ネットで誹謗中傷された被害者が犯人では?という流れはいかにもありそう。その流れに沿って巧妙に仕向けられていたんだな。
    仮想世界の経験がそのまま現実世界に活かせるとは思えないけど、両方の世界で同じような行動をとるっていうのは分かる気がする。

  • 面白すぎる。
    ああ、単にタイムリーだったのかな?
    ちょうど、インターネットの危険に関するコラムをよんだばっかだったから?

    日本で発行されたのは2年前。
    本場では、もっと前。こういう時事ネタは、ほんのちょっと最近でも古臭くなりがちだけど、全然古臭くない。こういうのは、やっぱセンスの問題?

    ダンスが交わす会話、なんて頭の回転速いの?!こんなステキに会話できるひと、いいですなぁ。

    ダンスの恋はどうなるんだろう?
    次回作も楽しみです。
    ライムシリーズも大好きだけどね。

  • ■ 1191.
    <読破期間>
    H23/10/1~H23/10/13

  • ジェフリー・ディーヴァーにしては、ストーリーがシンプルだな、と思いながら読んでいたけれども、いや、さすがにシンプルなままでは終わらなかった。得意のどんでん返しが何度も物語の後半に用意されていた。
    ジェフリー・ディーバーには、よく読まれているものとして、この本の主人公であるキャサリン・ダンスのシリーズと、リンカーン・ライムのシリーズがある。僕的にはキャラクターとしては、キャサリン・ダンスの方が好きなのだけれども、彼女の得意技である尋問の場面はシリーズにはさほど多くないのが、少し不満と言えば不満。
    ではあるが、ストーリーとして非常に面白い本。読んで損はないと思う。

  • 「どんでん返しに次ぐどんでん返し!」には食傷気味ですが、題材がうまかった。

    インターネットって怖いよね。「匿名だから」と高をくくっていても、自分の発言が、まさにその「個人情報」を垂れ流していることなんてざらにある。「今人身事故で電車止まった」「創立記念日で高校休みだった」「東京都在住」…複数の発言をつないでいけば、個人を特定することだってそう難しいことじゃないだろう。いかにも犯罪に昇華されそうじゃないか。

    もう一点。さらに怖いのは、いかにも近視眼的になってしまいがちだということ。うまく言えないけど。
    ココに打ち込んでいる言葉は、「世界中に向けて」発信してるんだよ。「誰が見てるのかわからな」くて、「誰が見ててもおかしくない」んだよ。
    色々な意味で、そんな恐ろしいことってない。

全115件中 21 - 30件を表示

ジェフリー・ディーヴァーの作品

ツイートする