ロードサイド・クロス

制作 : 池田 真紀子 
  • 文藝春秋
3.81
  • (53)
  • (149)
  • (78)
  • (8)
  • (5)
本棚登録 : 699
レビュー : 115
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163297200

作品紹介・あらすじ

尋問の天才キャサリン・ダンス、ネットにひそむ悪意に挑む。陰湿なネットいじめに加担した少女たちが次々に命を狙われた。いじめの被害者だった少年は姿を消した。"人間嘘発見器"キャサリン・ダンスが少年の行方を追う一方、犯行はエスカレート、ついに死者が出る。犯人は姿を消した少年なのか?だが関係者たちは何か秘密を隠している-。幾重にもめぐらされた欺瞞と嘘を見破りながら、ダンスは少しずつ真相に迫ってゆく。完全犯罪の驚愕すべき全貌へと。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スピード感たっぷり 伏線たっぷり 最後の大どんでん返しあり

  • 楽しみに待っていたディーヴァー。面白かった。次回作が待ち遠しい。

  • ダンス捜査官。ネットいじめが現実の殺人事件に。つぎつぎと追いたてられる。
    犯人がせまってくるようすとかハラハラ。


    C0097

  • やっぱりディーヴァー!
    事件が次々なのに
    最後はすっきりです
    毎回楽しみ

  • 男は哀れだなぁ。

  • 面白いんだけど、いかんせん長い!
    あと、登場人物が多い!
    でも、最後の方は一気読み。
    ダンス、いい女なんだろうな。

  • 犯人の動機があまりに単純でそれまでの言動は何だったんだ!英語のネットスラングは興味深かった。

  • 今年に入ってようやく二冊目の翻訳ミステリ読了。人間嘘発見器キャサリン・ダンス・シリーズ第二作。

    ネットいじめから始まったと思われた事件は思わぬ展開を見せる。
    「やられた!」というツイストではなかった。でも読後感は良好。

  • キャサリン・ダンス物の2作目。
    キネシクスを駆使し、人の言葉のウソを見抜いて犯人を追い詰める。
    日本のミステリーには見られない、変わった捜査官。
    ネット中毒のオタクの少年が、中傷やイジメにあい、さらに殺人犯にされて追い込まれてしまう。
    しかし、実は犯人は・・・
    二転三転の展開が、さすが、ジェフリー・ディーヴァー。
    読むのがやめられ なくて寝不足気味です
    オニールとの関係も新たな進展があるのか、それとも今回の捜査に協力した大学教授のボーリングと始まるのか?
    これからもダンスが主役のストーリーが続きそうで、楽しみです。

  • 日曜の夜にディーヴァーを手に取った私が悪いのだけど寝不足覚悟で一気読み。

    ブログやSNSに渦巻くいわゆる「ネットいじめ」が凶悪な犯行を生み出していく。
    ネットの悪意が生み出した殺人鬼、というイメージが後半ではやがて・・・結局コワイのはリアルな人だなあってオチでした。でも十分揺さぶられたし楽しみました。さすが。今回はダンスのお母さんと高校生の家族が印象的。
    残りのページ数を確認しながらあと2回はどんでん返しが来るな、とか身構えちゃうのは良くないな。

全115件中 1 - 10件を表示

ジェフリー・ディーヴァーの作品

ロードサイド・クロスを本棚に登録しているひと

ツイートする