花の鎖

著者 :
  • 文藝春秋
3.54
  • (177)
  • (560)
  • (572)
  • (98)
  • (23)
本棚登録 : 3536
レビュー : 596
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163299709

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • #花(梨花) #雪(美雪) #月(紗月) #K #きんつば
    #白血病 #花束 #建築家 #コマクサ #三代

  • 病気のこととか、ちょっと出来過ぎ
    あと、最近の作家って叙述トリック使いすぎ。

  • 久しぶりの湊さん
    面白かった~~
    時代が違うって気が付かなかったもの

  • 時を飛び越える展開はお手のものとして、花とかお菓子とか連鎖の小技を入れ込むところ、ベテランの域に(^^)

  • 伏線がすごかった。おもしろい。

  • 単語が出てくるまで全くわけわかんなかった。流れがごちゃごちゃ。途中で察したけど、それでも3分の2しかわかってなくて、察し悪いなぁと思いつつ最後読んでた。いい話だな。すきです。

  • 初めての湊かなえさんの本にこの本を選んだ理由は特になかったけど、私の選択は間違ってなかったと思う。

    梨花、紗月、美雪の3人の女性が主人公として登場する3つの話し。最初はバラバラに思えるが最後には鎖のようにつながった一つの話しになる。

    そしてりんどうやコスモスなど季節の花が
    要所で出てきて場面に色をつけてくれている。

    美雪、紗月の悲しみやどうする事もできない運命や苦しみながらも最後には許してしまった心の動きなど3世代にわたって流れていく時間を梨花が掘り起こすことで母や祖母の思いに寄りそっていく話し。

    だけどこの話しは2度は読み返してみたくなる。
    私は相関図を書いて2度目は相関図を見ながら読んでみた。

    鎖のようにつながっている人生、私の先祖は私とどうつながってるんだろう。
    ふと、誰かに聞いてみたくなった。

  • 雪月花の三つに分かれている。最初読んでた時点でもしかしてどこか繋がってんちゃん、、と思ってたらほんとに繋がってた。相関図がじっくりと埋まっていくような感覚が面白かった。Kとか言われたら「こころ」思い出す。。

  • 途中まで三人の女の子が縦につながってるのに気付かなかった。

全596件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

湊かなえ(みなと かなえ)
1973年、広島県生まれ。武庫川女子大学家政学部卒。
2005年に第2回BS-i新人脚本賞で佳作入選。2007年には第35回創作ラジオドラマ大賞受賞、「聖職者」で第29回小説推理新人賞を受賞し小説家デビュー。読んだ後に嫌な気分になるミステリー「イヤミス」の優れた書き手として著名。
「聖職者」から続く連作集『告白』は、2008年、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」では第4位に選ばれ、2009年、第6回本屋大賞を受賞。デビュー作でのノミネート・受賞は、共に史上初。2012年「望郷、海の星」で第65回日本推理作家協会賞(短編部門)、2016年『ユートピア』で第29回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。ほか、直木賞で度々候補になっており、2018年『未来』で第159回直木賞に3度目のノミネート。同年『贖罪』でエドガー賞候補となった。
映画化・ドラマ化された作品多数。特に映画では、2010年『告白』、2014年『白ゆき姫殺人事件』、2016年『少女』、2017年『望郷』と話題作が多い。

花の鎖のその他の作品

花の鎖 (文春文庫) 文庫 花の鎖 (文春文庫) 湊かなえ

湊かなえの作品

ツイートする