父の詫び状

著者 :
  • 文藝春秋
4.36
  • (12)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163348704

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • このエッセイ集はとてもいい!あとがきによれば乳癌を患いTVの仕事から離れていた時に、事情を知らない先から短文連載を依頼されてリハビリがてら遺言でも書く積もりで引き受けたとの事。よくぞ引き受けてくれたもの、素晴らしいエッセイ集です♪
    無類のユーモアセンスに溢れた日常のあれこれがちりばめられていて どれを読んでもともかく面白い!
    昭和の色濃い思い出ネタについつい頬を緩ませながら読了。何度も出てくる「ご不浄」がよく解る世代には珠玉の1冊です。この3年後に飛行機事故で51歳で急逝されるとは!よく知る地方や会社や食べ物などが沢山出てくるのも楽しかった♪

  • 「父の詫び状」を読んで思った。強烈な個性のお父さんがいなければ果たして作家、向田邦子はあっただろうか、と。
    また読んでいない向田作品はどれくらいあるのだろう。一つ一つじっくり味わいながら読んでいきたい。

  • 向田邦子のエッセイ
    家族、特に父に関するエピソード多目かも

    一篇にいくつかの話題をポンポンと書いているんだけど、最初の所の話題をきっかけに発想していき、最後に思い返してみるとちゃんとまとまりのある文章になっている

    向田家の日常が見えるような描写の数々
    やはり作家さんというのは観察眼に優れているのか、そんなところによく注目しているなぁと思う
    そして向田ドラマに出てくる描写の原点がここにあったのかと納得
    かんぴょう巻きの端っこが好きとかね

  • どぶろくづくり
    蟹に情がわいて食べられなくなる
    葬式でただよう焼き魚のにおい

  • 自然な文章で書かれていてわかりやすく、また直接伝わってきます
    向田邦子さんの思い出や素朴な感情が何とも言えず、面白かったり、読んでいて飽きない本です

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1929年東京生まれ。放送作家としてラジオ・テレビで活躍。「だいこんの花」「寺内貫太郎一家」等。1980年に短篇小説「思い出トランプ」で直木賞受賞したが、81年8月飛行機事故で急逝。『父の詫び状』等。

「2019年 『向田邦子の本棚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

父の詫び状のその他の作品

向田邦子の作品

ツイートする