大統領執務室―裸のクリントン政権

  • 文藝春秋
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (470ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163494708

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  これまでウッドワードの本は「ブッシュ政権の戦争遂行」をテーマにした何冊かを読んできたが、本作は「クリントン政権の議会対策」という地味な部分がテーマである。しかし、それをここまでスリリングに描けるのは著者の力量と言わざるをえない。
     この本で描かれるのは、大統領の無力さである。投資による財政支出拡大を図るも議会の財政支出削減に為す術をなくすところから始まり、党議拘束もないため与党議員ですら囲い込むのに苦労する。何より、ワシントン政治に無縁だったクリントンがその力学を理解できずに右往左往する様は、見ていて辛くなるばかりである。
     結局、法案は通る。しかし、クリントンが掲げた投資拡大は葬り去られ、副大統領ゴアが掲げた環境対策税は骨抜きにされた。何とも言えない後味の悪さが本書の魔力である。
     アメリカ議会と大統領の関係を考える上で、教科書読むよりもよっぽどわかる一冊。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ボブ・ウッドワード(Bob Woodward)
1943年生まれのジャーナリスト。47年にわたりワシントン・ポスト紙の記者、編集者を務める。現在は同紙アソシエイト・エディター。
ウォーターゲート事件に関する報道でカール・バーンスタインと共にピュリツァー賞を受賞し、調査報道で有名に。また2003年には9・11同時多発テロ攻撃に関する報道で二度目のピュリツァー賞を受賞。共著を含めた18冊の著作すべてが、ノンフィクション書籍のベストセラーリスト入りを果たしている。そのうち12冊は、全米№1ベストセラーとなった。
2018年に刊行したトランプ政権の暴露本 "Fear: Trump in the White House" が全米で話題になり、日本でも『恐怖の男 トランプ政権の真実』の題で2018年12月邦訳刊行が明らかになった。

ボブ・ウッドワードの作品

大統領執務室―裸のクリントン政権を本棚に登録しているひと

ツイートする