妻の肖像

著者 :
  • 文藝春秋
3.83
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163674209

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小説『翼』に引用されていた作品。新聞記者として初めて赴任した四国で出会った2人。著者は雑誌記者、駐在員、翻訳など手がけている人。
    困った時にはいつも「和子ーオ」と頼る。
    自分のほうが先に逝くと思っていたのに、看取ることになった。

    思い出はつきない。友人の描いた肖像画を掲げ、話しかける。
    内輪の話だから自費出版と思っていたそうだ。そのぶん真率な気持ちがつづってあり、共感できる。

  • 過ぎてゆく日々を味わい深いものと体感し、充実感を共感する家族がいて、その人をして幸せだったと終焉に云えるかどうかである。一回り前の徳岡氏に共感すること多。

  • 「私の死亡記事」で妻への感謝を書いた後に、妻の病気が発覚する偶然が心に残った

  • 世界中の沢山の人の中からたった一人、その人と出会って一緒に生きていく・・そして、ささやかな毎日の積み重ねが2人の人生を作っていく・・夫婦っていいなぁって改めて思いました。
    もう一度生まれ変わっても、徳岡さんは「恋女房、和子さん」にきっと巡り会えると思います。

全4件中 1 - 4件を表示

妻の肖像のその他の作品

妻の肖像 (文春文庫) 文庫 妻の肖像 (文春文庫) 徳岡孝夫

徳岡孝夫の作品

ツイートする