おんなの窓

著者 :
  • 文藝春秋
3.63
  • (36)
  • (44)
  • (85)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 391
レビュー : 46
  • Amazon.co.jp ・本 (116ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163687803

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文春の後ろに一コマだけある漫画。
    祝単行本化!(遅)

    ほんわかのほほんしたかわいいイラストで、ややエロ・自虐・ブラックネタでかなり面白い。一気に三巻まで読破しました。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      実は最近知りました「コトバのあなた マンガのわたし 萩尾望都・対談集 1980年代編」で、、、
      実は最近知りました「コトバのあなた マンガのわたし 萩尾望都・対談集 1980年代編」で、、、
      2014/02/18
    • moji茶さん
      面白いですよ~。気楽に笑えます。ヽ(´▽`)/
      面白いですよ~。気楽に笑えます。ヽ(´▽`)/
      2014/02/18
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「気楽に笑えます。ヽ(´▽`)/」
      寒い冬は、身体が強張っているので、丁度良さそう、、、
      図書館にあったので「女いっぴき猫ふたり」と一緒...
      「気楽に笑えます。ヽ(´▽`)/」
      寒い冬は、身体が強張っているので、丁度良さそう、、、
      図書館にあったので「女いっぴき猫ふたり」と一緒に予約予定(限度枠一杯予約中なので、即予約出来ないのが残念)。。。
      2014/02/19
  • 決してキレイなイラストではないけど、
    でも、実感がこもってるというか、なんというか。
    共感もできるし、おもしろい1冊。

  • えびちゅの頃から好きです。伊藤さんの自画像がたまらなくゆるーくて好きだわ~

  • 3X歳・独身女のせっぱつまった、でもだらだら~な日常が1コマで。わかるわかる~面白い!これがあの文春の連載とは。センスあるな。

  • 古本を購入。
    第二次伊藤理佐ブーム(私限定)が来たので、
    一人用一軒家を建てた伊藤さんのその後のエッセイマンガを買ってみた。
    この頃はまだ、吉田戦車さんと結婚してなかったのねー。
    漫画家仲間が寄稿するページに、吉田さん登場してた・・・。

  • 「ビッグコミックオリジナル」を読むのが好きです。
    女性漫画よりもパターンが豊富で、人生訓もいろいろこめられている気がするから。

    どの作品も好きですが、最近、ツボなのが吉田戦車さんの「まんが親」。
    現在、2歳の娘さんの子育て実録記みたいなものです。
    フロマンガのころは面白くなかったのに、これはけっこう楽しみです。

    その中で、奥さんがよく出てくるのですが、これが同じ漫画家の伊藤理佐さん。
    バツイチ同士の再婚だったらしいですが。。。
    私は、オリジナル以外では漫画を読まないので知らなかったのですが、もしかしたらご主人よりも有名なの?

    興味を持ったので、ちょっと図書館で借りてみたのが「おんなの窓」。
    2004年から始まった週刊文春の連載で、本として出版されたのが2007年。
    今から5~8年前に描かれたものです。

    「おんなの窓」では、伊藤さんは独身。
    30代後半で、結婚したい焦りに充ち満ちている様子。
    夫となる吉田戦車さんが、友人としてところどころに出てくるのがまたおかしい。

    ギャグ系の漫画を描く人というのは、視点がユニークで非常に面白い。
    「あるある」というところが何カ所もあるし、文章も端的でうまい。
    このあとのシリーズも読んでみるつもりです。

  • 図書館にて。
    図書館にこの本があるのがびっくり。
    内容も面白かったけど、ラストに一言書いてる吉田戦車とこの後結婚するんだよなーなんて思ったら笑ってしまった。

  • 自虐と情けない話(これも自分の)の上手さがすごいツボ。一コマ漫画のそれぞれの細かい観察眼がパワフルさまで呼ぶ。わたしは年上で「ああ、通ってきた道!」というしんみりおかしい気持ちに。3巻まで出ているんだー、嬉しい、また読もう。

  • 3巻まで読了。
    なんでこんなに少スペース、少文字数で、ぐぐっと私の心をつかむの?
    夢中にさせるの?

  • 週刊文春の連載マンガをまとめた一冊。オンナ一人の日常的なひとコマが面白い。

全46件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1987年「月刊 ASUKA」に掲載された『おとうさんの休日』でデビュー。『おいピータン!!』で第29回講談社漫画賞少女部門受賞。また、『女いっぴき猫ふたり』『おいピータン!!』『おんなの窓』の3作で手塚治虫文化賞短編賞を受賞した。このほか代表的な作品に『やっちまったよ一戸建て!!』『おかあさんの扉』や、アニメ化もされた『おるちゅばんエビちゅ』などがある。2017年、デビュー30周年。

「2017年 『みたび! 女のはしょり道』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊藤理佐の作品

おんなの窓を本棚に登録しているひと

ツイートする