東京てくてくすたこら散歩

著者 :
  • 文藝春秋
3.68
  • (65)
  • (87)
  • (139)
  • (4)
  • (5)
本棚登録 : 581
レビュー : 94
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163691206

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何度借りて読んでもほわわーんとして、つい
    「いいなー、ここ行ってみたいー」と
    口に出てしまいそうになります。

    伊藤まさこさんオススメの色々なお店、風景など
    見ているだけで、癒されるお散歩本です。

    実際にSHOPに行けたらもっとHAPPYになれるのに…
    それだけが残念。

  • 去年この本を見つけた時に、すんごく欲しかったけど、
    その時は我慢したんです。
    でも図書館で見つけて嬉しかった!!
    やっぱり東京って散歩に最適な場所ですね。
    素敵なお店、素敵な町並み、素敵な風景がいっぱいです!!
    やっぱりこの本、買おうと思いました!!

  • 2007年出版
    展示館や小さな老舗、東大学食など
    観て、食べて、散策して、お買い物したり、のんびり歩ける
    スポットが載っていて、しばしのあいだ妄想散策
    行ってみたい場所ばかりです。

  • よくあるベタな有名所ではなく、少しノンビリとした感覚で行ける場所が多い。
    割と好みの内容でした。
    読むとペリカンのパンが食べたくなる。

    個人的に、左綴じで読みづらかったのと、地図や写真が細々して見づらかったのが少し残念。

  • 東京は下町がいいな。

  • 東京のガイドブック。
    内容は充実。
    写真もきれい。
    開いていると気持ちは安らぐ。

  • 東京は広いなぁ。引っ越ししたらいろんなところに行きたいと思わせてくれる本。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:291.36||I
    資料ID:95070300

  • 伊藤まさこさんの装いが大変素敵で見入ってしまいます。髪型も。

    吉祥寺や西荻も興味深いけど、今は自分が住んでいる場所に近い世田谷あたりがとても気になった(この本では”二子玉川”でくくられていた)

  • 「おくりものがたり」の感想同様です。

    玉堂さんの美術館と、

    神楽坂にいってみたくなりました。

全94件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1970年横浜生まれ。
料理や雑貨など暮らしまわりのスタイリストとして雑誌や書籍で活躍。
自他ともに認める食いしん坊。
おいしいものを探して、日本の各地、海外へと飛び回っている。
著書に『ザ・まさこスタイル』『白いもの』『おべんと探訪記』(マガジンハウス)などがある。

「2019年 『フルーツパトロール』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊藤まさこの作品

東京てくてくすたこら散歩を本棚に登録しているひと

ツイートする