ゆらぐ脳

  • 文藝春秋
3.49
  • (22)
  • (48)
  • (73)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 414
レビュー : 51
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163702506

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「仮説」をとらない脳研究。

    脳科学者 池谷さんの研究姿勢が分かる。主流の分子生物学的な「分解」による方法ではなく、「仮説」を取らない方法を探っているそうだ。鳥の観察に例えると…。ツバメは飛ぶ、カラスは飛ぶ、カナリアは飛ぶ。観察を続ける。スズメも飛ぶ、トンビも飛ぶ、ウグイスも飛ぶ。ここまで来ると「鳥は飛ぶ」という自分の仮説が正しいと思う。これは「帰納法」。残念ながら、帰納法推論は仮説の正しさを証明することはできない。誤りは指摘できる(ダチョウやペンギンを連れてくる)。巷に蔓延っている脳トレの科学的根拠はこのレベルだという。。。

  • 最新の脳研究トピックスを万人にわかりやすい形で読み物にした本、かと思いきや、サイエンス分野における「研究」そのものに重きを置いた内容だった。
    タイトルや装丁のイメージと中身がいまいち重ならない上に、ややまとまりのない構成の本だったけど、内容としてはわりと面白かった。
    普段ほとんど接することのない、研究者という職業を垣間見られる感じ。

  • 池谷先生のお話は、すごく比喩が上手で分かりやすい。
    考え方がとても参考になる。

  • 高校生の時にこの人の本を読んであーなんか脳っておもれーと感じたのを思い出す。

    読んでてワクワク感が伝わるし、研究の第一線に立ってる人の本音ものぞけてよいです。トリビアもあるから話のネタにもなります。
    男女で脳梁の差が実は無かったとか、私にとっての赤は君にとっての赤と同じではないかもね。とか。


    脳って不思議。

  • 脳科学者、池谷裕二本。

    もう10年ほど前の本だけど、やっぱりこの人面白い。

    サイエンティストに大事なものは、
    「コミュニケーション能力」と「プレゼン能力」だと。
    なんだそれ、普通のビジネスマンにも通じることだよ。

    驚きは、池谷氏の研究スタイルが仮説を立てずに出発するものであること。
    それだけ脳は予想外の分野なのだろう。

    また脳科学という言葉が和製語だったということも地味に驚いた。

    読めば読むほど、池谷裕二という人物の面白さにハマっていく。

  • 買わない買わない、もっとちゃんとした本を買うんだ
    と思ってたけど、読んでるとつい買ってしまった。
    正直脳についてはあまりわからなかった。

  •  木村俊介が脳科学の最前線について池谷裕二に聞くという趣旨のインタビューなので、他の池谷本と少しく趣が違う。既に池谷裕二の本を何冊も読んでいるぼくにとって、「じゃないかなぁ」という語り口が頻繁に出てくるのは、むしろ好ましく彼を身近に感じられるのだが、この分野を初めて読む人にとってはどうだろうか。
     本書構成の趣旨から、一貫した筋立てがあるわけではなく網羅的に書かれているので、ある意味拾い読みでもOK。流し読みするだけなら二時間もあれば充分だろうけど、それでは勿体ない。
     奇妙なことに、タイトルにある「ゆらぎ」の詳しい説明は本文中にはない。別途、「単純な脳、複雑な私」の併読がオススメ。感情は自分の右脳から作り出されているのではなく、体からのフィードバックで感情が醸し出されるとか、自分が意志決定する前に脳では既にその準備をしているといったことも詳しく書かれている。
     脳には「ゆらぎ」があるので、同じ入力でも毎回同じ出力が為されるとは限らない。つまり「現在の手法では」再現性がないわけで、これをどう「サイエンス」にするかが池谷裕二の悩みどころであり、且つこの分野のパイオニアとしての手腕が問われるところであろう。

  • この本は、脳のゆらぎを発見した科学者のつぶやき集である。この感想は、著者自ら認めているので、私の独断ではない。一流と呼ばれる科学者の悩みに興味がある人にお勧めしたいが、私には面白くなかった。

  • サイエンス

  • 著者の問題意識はなんとなくわかった。

全51件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1970年、静岡県藤枝市生まれ。薬学博士。現在、東京大学薬学部教授。脳研究者。海馬の研究を通じ、脳の健康や老化について探求をつづける。日本薬理学会学術奨励賞、日本神経科学学会奨励賞、日本薬学会奨励賞、文部科学大臣表彰(若手科学者賞)、日本学術振興会賞、日本学士院学術奨励賞、塚原仲晃記念賞などを受賞。主な著書に『記憶力を強くする』『進化しすぎた脳』『単純な脳、複雑な「私」』(ともに講談社ブルーバックス)、『海馬』『脳はこんなに悩ましい』(ともに共著、新潮文庫)、『脳には妙なクセがある』(扶桑社)などがある。

「2016年 『怖いくらい通じるカタカナ英語の法則 ネット対応版 ネイティブも認めた画期的発音術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池谷裕二の作品

ゆらぐ脳を本棚に登録しているひと

ツイートする